高濃度ビタミンC点滴でさびない体をつくる

高濃度ビタミンC点滴,画像,写真

アンナが受けたことのある高濃度ビタミンC点滴。

なぜ受けてみようかと思ったかというと、友達の口コミでビタミンC点滴を月1で受けていたら肌が見違えるようにきれいになった!っていう話を聞いたから。

でもアンナは毎月は受けてないんですが、血液クレンジングの時に高濃度ビタミンC点滴25g(25000r)を受けたり、プラセンタ注射を打つ時にビタミンCも追加してます。

右の画像は血液クレンジング後に入れた高濃度ビタミンC点滴です。

疲れているときはプラセンタニンニク、ビタミンCを注射していますがそのせいか?忙しいときでも風邪をひかず、肉体的にもかなり疲労感がたまるダンスの発表会前もそのおかげで乗り切れた気が。

高濃度ビタミンC点滴とは血管の静脈内に、大量の高濃度ビタミンCを点滴することにより、内側から様々な効果を得る目的で行われる点滴治療の1種。

内服での摂取とではくらべものにならない高濃度な状態のビタミンCが摂取でき、体内の血中濃度が急激に高まり老化の原因とされる活性酸素を無毒化する確実な抗酸化作用が得られます

この抗酸化作用により、ガン予防、アトピーの改善、乾燥肌の改善で保水力のUP、メラニン合成の抑制、コラーゲンの生成促進、皮脂の分泌コントロール、免疫力UPと美容や生活習慣病にも効果があり、その即効性は抜群です。

ひどく疲れていて、疲れが全くとれない人やニキビができやすかったり、アトピーやアレルギーなどで肌の状態が安定しない人、冷え性の人、肩こりや腰痛のひどい人にはもってこいの治療です。

即効性もありますが、定期的に行う継続療法で効果が持続するといわれています。
また紫外線によるメラニンの生成を抑える効果もあることから、シミ予防として南国バカンスの前に高濃度ビタミンC点滴を受けるセレブも急増中です。

芸能人、モデルにも人気の高濃度ビタミンC点滴

アンナにも口コミで入ってくるぐらいのビタミンC点滴、芸能人や美容業界の人がやっていないわけがありません。高濃度ビタミンC点滴を受けてる人は有名人にも多く、雑誌でもよく見かけます。

三浦りさ子さんは美STORYの美容医療特集で高濃度ビタミンC点滴を初体験したあと、自ら週1回キレーションと高濃度ビタミンC点滴を受け続けています。詳しくはキレーションで三浦りさ子が若返った! にて。

また、1ヶ月に100万円というお金を美容につぎこむIKKOさんの欠かせない美容術のひとつでもある高濃度ビタミンC点滴。肌を内側からよみがえらせるの!と言って、ウォブクリニック中目黒へ通っています。

IKKOさんは、撮影やショーなどの大切な日の前には必ず点滴しに行くんだそうで、『肌の内側によい栄養をもらうと、即効でハリや潤いが与えられるから、さらにお化粧でケアすれば肌状態がバッチリに整う!肌の内と外でよい相乗効果が生まれるのよ〜』 だそうです。

いつまでも美しい山本モナがにんにく注射とともに通う美容医療のひとつがビタミン点滴。「みのやまクリニック」で定期的にビタミンC点滴を打っていると、美容雑誌でコメント。体調が悪いときに駆け込むんだそうです。ちなみにCancamモデルの藤井悠も高濃度ビタミンC点滴がお気に入り。

ファッションプロデューサーの植松晃士さんもシロノクリニックでメガビタミンC点滴(25g)を受けて疲れを取っているんだとか。

モデルの美香ちゃん、SONOMIちゃんは渋谷DSクリニックにてプラセンタ注射と高濃度ビタミンC点滴を受けています。君島十和子さんは東京ミッドタウンクリニックで月2回の高濃度ビタミンC点滴が習慣となってるようです。

スタイリストの風間ゆみえさんはHAWAII本でハワイに行く前の紫外線対策のビフォーケアとして高濃度ビタミンC点滴をお勧めしています。高濃度ビタミンC点滴は日焼け後のアフターケア、シミ予防に利用しても効果的。

高濃度ビタミンC点滴療法はがんや放射能被ばくにも効果的?

高濃度ビタミンC点滴製剤

高濃度ビタミンC点滴は美容にいいだけでなく、ガンの代替医療として「高濃度ビタミンC点滴療法」としても医療機関で利用されています。

近年大変話題になっているものですが、この療法は単なる美容目的や疲労回復目的の点滴治療とは違い、ガン患者の病状に合わせて的確な点滴薬剤の配合が求められ、効果的に安全に行う治療で、点滴療法の深い知識と経験が絶対的に必要な大変重要な療法です。

この療法はあくまでも代替医療の枠内で、抗ガン剤に代わって、ガンを治すものではないとされていますが、実際はガン患者に対しても積極的に行われ、効果を上げているもの。

ちなみにアンナの叔母は病気の治療オプションとして医師に勧められ、高濃度ビタミンC点滴を受けています。

高濃度のビタミンC は、正常細胞へ影響を与えずにガン細胞のみにアタックして、副作用のないガンの治療につながるもので、さらにはウィルス感染症治療に対しても役に立つものとして、アメリカの公的機関の研究所より公式に発表されています。

そして、アメリカで実施されている 「高濃度ビタミンC点滴療法の標準的プログラム(Riordan IVC protocol)」での治療が、高濃度ビタミンC点滴療法の基本となっており、このプログラムを元に治療を実施しているクリニックがほとんどです。

また、今後注目したいのは、放射能被ばく対策としての高濃度ビタミンC点滴の効果です。なんと「ビタミンCをはじめとする抗酸化栄養素が放射線被ばくの障害を強力に防ぐことができることができる」と専門家のホームページで公開されています。詳しくはこちら(被ばく対策.net 点滴療法研究会)

そもそも美やアンチエイジングは健康という土台なしには成り立ちませんからね。
放射能被ばくへの効果もあると医学界から正式にアナウンスされているほどの高濃度ビタミンC点滴は今後ますます注目されていくことでしょう。

複合的に利用したい高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴はある程度続けて利用してみないと、その効果を肌に体感するのは難しいと思います。

アンナは疲れたときや何かほかにやってみたい美容医療や点滴のついでにビタミンCをオプションでつけたり、高濃度ビタミンC点滴を受けたりしています。

でもプラセンタ血液クレンジングにんにく注射のように内的美容医療はその即効性や目に見える変化は感じづらいもの。なんとなく体がポカポカするような体感も高濃度ビタミンC点滴だけではあまりないです。

ただ、美容医療を受けた後のダウンタイムにもビタミンCは役立ちますし、受けて損はないもの。

高濃度ビタミンC点滴を1回受けた時はよくてもビタミンCは毎日体内で消費されていくものなので、
いくら高濃度といっても持続性はありません。やっぱりビタミンCでの美肌効果を求めるなら定期的に通ってみるのがよさそう。

美容医療もそうですが、ある程度、美肌への集中投資プランを立てて、1〜2か月だけでも週1回受けてみるというのが一番効果を実感できると思います。

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)