ウルセラはサーマクールと比較される最新たるみ治療機器

ウルセラシステム本体

ウルセラはサーマクールよりも、もっと深い、筋膜というところに作用してたるみを引き締める、たるみ改善マシーンです。

筋膜はSMAS筋膜といい、切開で行うフェイスリフトの手術のときに大変重要なポイントとなり、フェイスリフト手術が成功するか否か、このSMAS筋膜へのアプローチ次第とも言われています。

ウルセラでは、SMAS筋膜を破壊し、引き上げてたるみを改善することができ、そもそも切開せずにSMAS筋膜に破壊の作用を及ぼすということは美容医療界では大変な事態なわけです。

ウルセラが持っているちからは超音波。

超音波は皮膚の深部だけに熱を届けるので表皮に傷がつくことはありません。そして、超音波エネルギーによる強い振動で摩擦熱を発生させ、すごく小さい範囲に熱ダメージ(破壊)を与え、この熱ダメージが、コラーゲンの分解と収縮を起こしSMAS筋膜を引き上げることができます。

というわけで、正確には高密度焦点式超音波といいます。

皮下組織の引き上げと、皮下組織より浅い部分(真皮層)の引き上げが同時に行われると、皮下と皮膚への作用でさらなるたるみ改善に結びつくことと、効果がよりわかりやすくなるというメリットがあることから、皮下組織と真皮層へのダブル照射が治療のメインになりつつあります。

ちなみに、ウルセラはハンドピースに超音波発信装置(3mmと4.5mmの装置があります。)を装着して照射を行うわけですが、ウルセラのエネルギーがSMAS筋膜に届くのは4.5mmのほうです。

超音波はたるみ治療では新しい分野です。

キング・オブ・たるみ治療、サーマクールはRFという高周波。テノールも同じくRF
ウルセラとともにたるみ改善の最新機種。テノール最新の治療なのに安価で受けられると人気上昇中。

タイタンは近赤外線光ポラリスはRFとダイオードレーザー。

ウルセラは皮下組織をモニターで見ながら治療をします。そういえば超音波って、妊娠した人が受ける検査ですね。あんな感じで、皮膚の中をモニターで見ながら照射が行えるわけで、皮下組織の様子が変化している状況をドクターはモニター上でリアルタイムに見れます

ウルセラの効果が実感できるのは約1〜2ヵ月後効果の持続性は約半年から1年といわれています。

ウルセラでできる治療


皮下組織のSMAS筋膜の引き上げにより、内側からきゅっと引き締まった印象を受けられます。ぼやけていたあごと首の境目がくっきりしてフェイスラインがシャープになり、ほうれい線にも多少の変化が見られます。症例写真ではフェイスラインの変化が大きい例が多いです。

さらにまぶたの重みも解消され目元がすっきりとします。

ウルセラは引き上げに関することだけで、小顔効果なるものはありません。またサーマクールとアプローチできる深さが違うため、ウルセラとサーマクールを同日に行う治療もあります。ウルセラとサーマクールのダブル治療は小顔効果、肌の引き上げ効果も高いといわれています。ただし価格もプレミアムw海外ではウルセラのリフトアップ効果は口コミでもかなり高く評価されています。

クロスクリニックのウルセラとサーマクールのW治療はウルサーマと呼ばれ水谷雅子さんが受けている水谷打ちというのがあります。

ウルセラの治療のダウンタイム

細い血管が破壊されることが原因で内出血を起こす場合もありますが、これはSMAS筋膜あたりにしっかりとエネルギーが届いている証拠とも言われます。

赤み、ほてり、軽度の腫れ 痛みをあまり感じない人とふつうに痛い人と個人差があるようです。

皮膚表面へのダメージは少なく、軽い腫れで済む場合がほとんど。

ウルセラでの治療のメリット&デメリット

  • 麻酔の必要のないたるみ治療
  • サーマクールより痛くない
  • 効果が見えるのは約1〜2ヶ月後
  • 平均6〜12ヶ月以上効果が持続
  • 腫れのダウンタイムがあり
  • サーマクール同様高額な治療であること
  • 効果を感じない人もまれにいること
  • ヒアル・ボトックス注射後は1ヶ月以上空ける

サーマクールよりも深いところにアプローチしながらもサーマクールより痛みが少ないと言われていますが、皮下組織より深いところに作用するたるみ治療は必ずその衝撃と痛みをともなうものです。ウルセラは、SMAS筋膜まで作用することから、痛みの種類がいままでの機器とは違う感覚なんだそうです。

熱い針を当てられたような感じがして おでこが特に痛いと感じる人が多いのですが、神経周囲が刺激されるので痛みが増すようです。また、こめかみや眉間あたりも痛みを強く感じる人が多いようです。

ただ、麻酔も必要なく、サーマクールよりは痛くないといわれています。またサーマクールでは3か月後に効果が見えるとよくいわれますが、ウルセラはそれに比べ1〜2ヶ月と早目です。

顔立ちやたるみ加減で、効果があまり出ない場合もあるようで、治療費が高額な分、その点を指摘してもらえるドクターとの出会いは大事でしょう。

ウルセラの副作用

SMAS筋膜を破壊するウルセラですが、SMAS筋膜はフェイスリフトで切除している部分ですので、破壊されようとも問題はなく、特に後遺症もありません。

ただし機器の不良でやけどを生じることが絶対に無いとは言えないようです。

ウルセラの料金

顔全体 ¥200,000〜350,000/1回

最新の治療ですから、高いですね。ちなみに部分ごとの照射も行ってくれるのでフェイスラインのみ、やアゴしたのみなどの箇所別に料金設定されていることも。ただし、顔全体で2,30万してしまう治療なのでそんなに安くはないです。

関連記事

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)