レチノイン酸の効能×レチノイン酸の効果

レチノイン酸は皮膚科やクリニックでのドクター処方の塗布剤による治療です。レチノイン酸はトレチノインとも呼ばれ、ピーリング&肌再生効果のあるビタミンA(レチノール)の誘導体です。

ちなみに、なぜビタミンA=レチノールかというと、ビタミンAは化学名をレチノール、レチノイドと言って、ビタミンA1に分類されます。ビタミンAはA1とA2の2種類あって、総称してビタミンAといいます。

そもそも血液中のビタミンAはほとんどがレチノールで、粘膜や上皮細胞の機能の維持にも関わっています。このことからレチノイン酸でのアレルギー反応は少ないといわれます。

レチノール酸の治療はシミ、シワに大変効果があり、しみの中でも最も治療を困難とする肝斑にも効き、肝斑に悩む方には貴重な治療法のひとつです。

肝斑はレーザートーニングで治療することが多いですが、まずは様子見でトレチノインクリームで経過を見てからというクリニックもあるほど。

また、角質を剥離する(はがす)作用をもっていて表皮細胞を分裂し増やす働きとともに表皮の深いところにあるメラニン色素を排出するちからがあり、2週間くらいで表皮が置き換えられます。

クリームを塗ると皮が剥けたり赤くなったりしますがそれは正常な反応。

肌表面の余分なものを取り除き、皮脂分泌の抑制効果があることからニキビ治療にも用いられます。

さらにコラーゲンを生成する細胞(線維芽細胞)に直接働きかけ、コラーゲンの増生を促進してシワを改善します。コラーゲン増生が期待できる場合は肌質そのものにも変化が起きますので副次的な効果としてレチノイン酸は肌荒れやくすみにも効果が期待できます。

レチノイン酸はハイドロキノンとの併用も効果的で、レチノイン酸がメラニンを外に出している間にハイドロキノンがメラニン生成の働きを抑えるので、置き換えられた表皮はメラニン色素が少なくなります。

ハイドロキノン

ハイドロキノン以外にも、レチノール酸はケミカルピーリングとの併用も効果的だったりしますが、このインフォメーションはドクターの診察、処方を受けた上での併用の結果、効果的というものです。
知識の無い方の併用はお勧めできません。重大な副作用を起こしかねませんし、間違った自己流ケアの結果、結局高くついた上に肌をおかしくしたりという周り道は回避したいものです。

レチノイン酸療法でできる治療


肝斑、雀斑(そばかす)、扁平母斑、黒皮症、炎症後色素沈着、シワ・シミ(老人性色素斑)・ニキビ・ニキビ跡。老化した皮膚のリジュビネーション治療、*肝斑の治療はある程度の期間を要します。

自己療法と美容医療との違い

レチノール配合の化粧品は、ドクター処方のレチノイン酸とは違ったものとして考えたほうが良いでしょう。コスメのレチノールはレチノイン酸のように細胞に働きかけることはありません。保湿効果のあるものとしてとらえた方が賢明です。ただし上で紹介しているオバジのレチノールクリームは輸入品であるため、濃度も0.1%あり、クリニックで処方されるものと変わりません。ご注意ください。

レチノイン酸療法の治療のダウンタイム

治療中はレチノイン酸を塗った部分の皮膚が赤くなったり、灼熱感などヒリヒリしたりして軽い炎症を起こし、さらに皮がむけてきます。治療は1日、2日で終わるものではなく、ある程度の期間に及ぶため、その間このような症状が発症すると思われます。オバジニューダームシステムでレチノインを利用する場合、専用のオバジコスメでケアすることになります。

レチノイン酸療法での治療のメリット&デメリット

レチノイン酸で治療をする場合は多少の覚悟が必要です。ドクターの指示に従い、ホームケアでの正しい使用方法が求められます。塗布法は大変重要になってきますし、治療中の塗布部の変化に合わせ、頻繁に診察を受ける必要もあります。

治療の効果を確実に得て、副作用をよびおこさない為には、とにかく指導法に基づいた正しいケアが必要ですので、度々の診察と使用法を守れる自信を持たないと、この治療は無駄になります。 また、レチノイン酸での治療をしている間は特にUVケアが必須です。

レチノイン酸の副作用

皮膚炎を起こす場合があり、その場合は炎症後色素沈着を併発する可能性もあります。 これはダウンタイムとは違って副作用となり、治療を中止しなければなりません。

催奇性の危険をともないますので、治療中は妊娠をさけなくてはなりません。

レチノイン酸療法の料金

顔全体 ¥30,000〜50,000/1回

レチノイン酸治療薬の処方だと配合率によって2,500円〜5,000円ですが、 レチノイン酸療法としては金額が上がってきます。 この場合はレチノイン酸の処方以外にハイドロキノンや、ローション、UVクリームなどがいっしょに処方されます。オバジニューダームシステムは専用コスメも必要な場合も。

また、このレチノイン酸・トレチノイン療法は東京大学の吉村先生が発信源となっており、東京大学医学部付属病院(形成外科・美容外科)でのトレチノイン療法は2ヶ月〜3ヵ月を要し、費用も10万円と高額ですが、東京大学というだけで、なんだか安心感が生まれます。

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)