サーマクール=たるみ治療というほどの知名度の高い器械

サーマクールといえば、美容医療の中でも最も高価でその分効き目もすごいといわれている美容医療を知っている人にとっては憧れのたるみ治療のひとつ。

サーマクールはたいへん強い力の高周波でたるみ治療を行うもの。そのリフトアップ効果はメスでのたるみ治療のベーシックであったフェイスリフトよりも安全性も高いためあっという間にその人気が広まりました。

サーマクールのたるみ治療で用いられる高周波は英語でRadio Frequencyといい、それを略したRFという言葉は美容医療でよく使われるものです。高周波はラジオ波とも呼ばれ、電磁波の1種の電波です。

サーマクールは機器名であり、治療名でもあります。
開発メーカーはThermage(サーメージ)社。

「サーマクール」には機械が2種類あって、旧種のサーマクールTC と、新機種のサーマクールNXT(=サーマクールネクスト)があり、ハンドピースに消耗型(使い捨て)のチップを装着して治療が行われます。

チップの種類もいくつかあり、初期に出ているチップと最新のチップでは効果に差が出るとさえ言われます。

サーマクールでのたるみ治療はどんなもの?

サーマクールの高周波でコラーゲンに熱を加えてたるみを引き締める仕組みです。コラーゲンが熱を持つと収縮する性質を利用して肌のハリをよみがえらせ、リフトアップが可能になります。

高周波は真皮層深部と皮下組織上層にまで届き、肌のふかーいところに、物凄く強い力でエネルギーを与えます。

そのためサーマクールは激しい痛みを感じるのです。

サーマクールは即効性とともに
約1年に及ぶ長期的な効果がある
といわれています。

とはいえもちろん個人差はありますが。

高周波(RF)の熱エネルギーによって、のびきったコラーゲンが収縮する(縮む)ことにより、肌においても引き締めが起こる効果が、即効性として現れます

コラーゲンは、たんぱく質でできています。熱によりたんぱく質は性質やその形状に変化をきたします。収縮とは「小さくなって縮むこと」を意味します。コラーゲンの収縮=コラーゲンが引き締まるということです。

コラーゲンの収縮と同時にコラーゲンの破壊が起こり、破壊されたコラーゲンと新しいコラーゲンが入れ替わり(再生&増生)、さらに活性化が数ヶ月に渡って行われ、長期的な効果が生まれます。

コラーゲンの再生〜増生の過程に3ヵ月〜半年かかるため、サーマクールを照射してから数ヶ月経たないと完全な効果を感じることはできません。

また、コラーゲン増生によって、皮膚に厚み(ハリ)が出て、肌質も改善されてゆきます。

サーマクールで効果が得られない人もいる?

フェイスリフトより安心で、外科手術に比べたら安い!憧れのサーマクールですが、人によっては、即効性も長期的な効果もを感じられない人がいるそうです。

即効性が万が一出なかった場合でも、長期的なコラーゲン増生によって数ヶ月かけて改善していくことにより効果がみられると言われています。 大体3か月後がピークと言われています。

しかし即効性どころか、効果を感じられない人もいるのも事実。
そして最悪のパターンとして、逆に肌の調子が悪くなる人もいるんだとか。
「逆にはだがぶよぶよになった」「乾燥がひどい、肌質が変わった」なんて人も。

この場合は、元々の肌にコラーゲンの量が少ない。出力が弱すぎた等の理由でコラーゲンの収縮や破壊が充分に行われていなかった。コラーゲンが破壊されたあとに、なんらかの理由で再生能力が働かなかったため、コラーゲンが破壊されたままとなった。などが原因として考えられることです。

また、皮膚がぶ厚い人は効果が出にくいなんてことも言われてたりします。
あまり考えたくないことですが施術をする人の技術不足も考えられます。
(ドクターの知識とテクニックや看護師さんがやる場合でも出力の調整やあて方で差が出ます。)

以上のように効果が出にくい人も中にはいるということになりますが、不安がある場合は治療すると決めてクリニックの予約を取らずに、『話を聞いて、状態を見てもらって効果が得られそうであれば治療する。』 として、予約を取るといいんじゃないかと思います。また、肌質や年齢によって違う施術をする方が効果的なこともあるので、しっかりと診察をしてくれる良質なクリニックを選ぶことも重要

10万円から数十万円かかる施術です。万が一のトラブル時もしっかりと誠意をもって対応してくれるクリニックを選ばないと悲惨です。

サーマクール以外のたるみ治療

リフトアップ効果のある治療として、サーマクールはタイタンとよく比較されます。
≫サーマクールとタイタンの効果と料金の比較

サーマクールでできる治療


たるみ、引き締め、 小じわ、法令線(ほうれい線)、 毛穴、 ニキビ(RFの熱による殺菌効果で改善が期待できます。) 肌質改善。

サーマクールを受けると眉や頬の位置が上がってフェイスラインがシャープになります。
基本的にはたるみ治療(リフトアップ)をするためのものと考えましょう。
ニキビや毛穴や小じわなどは
副効用として得られる結果です。たるみ以外の目的で受けるのであればサーマクールでなくてもいいでしょう。

サーマクールはボディの引き締めも可能

首のシワはもちろん。二の腕、腹部のたるみにも効果的で、ヒップやバスト、ひざまわり、手にも照射できます。この場合はボディ用のチップを用いて治療が行われます。フェイス用のチップでは届かない皮下組織の深いところまで高周波が届き脂肪に働きかけます。

サーマクールの治療のダウンタイム

初日は特に痛みもあり筋肉痛のような痛さが続きます。人によっては口を開けるのも痛いという状態になる人も。赤みや腫れ、顔がボコボコしているような感じ、ほてり感、熱感・ひりひり感の症状が出ます。 これらの症状はだいたい1日くらいでおさまるといわれています。

ただし、痛みと腫れは数日続く場合もあり、気になる場合や外見的に完全に腫れあがってしまっている場合は自分で冷やすなどのメンテナンスが必要ですが、コラーゲンに対して熱による治療の後に、冷やし過ぎは厳禁ですので、水で塗らしたタオルで軽く冷やす程度が丁度良いでしょう。

このあたりのことは、カウンセリング時にきちんと確認しておきましょう。意外と、毎回同じことを言わなければならないクリニックの方々は、注意点や大事なことを言いそびれたりします。

初めから、きちんと教えてもらえない腹づもりで行って、必要な情報を得るために気になることをメモって行くか、暗記していくと良いとおもいます。

強い出力で治療をした場合は浮腫というむくみの症状が現れる場合もあり、筋肉の痛みを感じる人もいるようです。

サーマクールでの治療のメリット&デメリット

  • 1回の施術で効果がみられること
  • フェイスリフトより気軽
  • 小顔効果もあり
  • 痛いということ
  • 効果を実感できない人もいること
  • 比較的高額な治療であること
  • 筋肉痛のような痛みのダウンタイム

まず、サーマクールといえば痛みの問題があります。相当痛いということ。
痛さとともに熱さも感じます。男性でサーマクールを受ける人は痛みに耐えられないという人が多いとか。

美容医療では痛さに比例して効果が上がるという概念もあるので、多少のがまんも必要ですが、あまりにも痛くてガマンならない場合は出力を下げて照射してもらうことができます。
その分効果は薄れますが、がまんし過ぎることは絶対にしてはいけないことです。

その人に合った出力というものがあり、ドクターがよく言う、「多少のガマンはしてください。」という言葉の裏には、その痛みは一般的に考えて我慢できる痛みだということです。

ガマンできない痛みを耐えてはいけません。ガマンのしすぎは、皮膚に対して後遺症の残る最悪の結果を自分で生み出しているようなものです。

サーマクールは痛みが強いため、麻酔クリームを塗布してから治療を行うところが多く、麻酔が効くまでに約30分〜1時間を要し、イオン導入して麻酔を浸透させるクリニックもあったり、ブロック麻酔(注射の麻酔)を用いるクリニックもあるようです。 麻酔をしていても照射の際に熱を感じる人もいるんだとか。

サーマクールで発生する熱は表皮麻酔で届く範囲よりさらに下のため、表皮麻酔は意味がないというドクターもいますし、表皮麻酔をすることによって痛みや熱さを患者が自覚できないのも心配であるという説もあります。
(麻酔なしだと痛すぎる出力を患者が認識できないため)

ちなみに麻酔代が治療費とは別請求のクリニックもあるので事前チェックが必要でしょう。

≫痛くない最新のサーマクールが開発されました「サーマクールCPT」

サーマクールの副作用と失敗例

高周波治療器による人体への副作用はありません。

また、まれと言われますが、 色素沈着、水ぶくれ、軽いやけどが照射により生じる場合があり、色素沈着ややけどに関しては治るまで数ヶ月を要します。サーマクールの失敗例は全くないとはいえません

出力レベルを間違えたなど、間違った方法でサーマクールの照射を行って、部分的に皮膚が陥没してしまった失敗例があります。この場合は皮膚の細胞が再起不能となり一生治りません

またピークと呼ばれる3か月後になっても変化が見られない、感じられないという例もあり、年齢や肌質によっては器械自体や施術者の技術のレベルなどの問題ではなく、その人には適していなかったということもあるそうです。

ただし今ではアンカリングポイント、マルチパスと呼ばれるサーマクールの照射技術が向上し、症例数も増えているので、こういった失敗例はごくごくまれな出来事となっています。

こういったリスクを考えるとサーマクールを受ける側としては、ある程度の知識は仕入れてからクリニックを選びたいもの。美容医療はエステよりもより難易度の高い器械を使いますし、それを使用する人の知識や経験で結果が左右されます。サーマクールは安い治療ではないので、最低限のことは調べていきましょう!

≫サーマクールのためのクリニック選び

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)