サーマクールとタイタンの効能×効果の違い

サーマクールもタイタンも、リフトアップ、スキンタイトニング効果に優れているたるみ治療ですが、

はて。。。ではどちらで治療した方が効果的なんでしょうか?

とりあえずは、タイタンの方が新しい機器ということ。

最終的には自分で決めなくてはなりませんが、なにが悩みで、どうしたいか。それを明確にすることが大事です。

そして、サーマクールとタイタンについてそれなりの違いを把握すること。その上でクリニックに行ってきちんとドクターとコミュニケーションが取れれば、もっと最適なたるみ治療が受けられるはずです。

では、以上を踏まえて、サーマクールとタイタンの効果の違いについて説明しましょう。

たるみ治療比較 サーマクールNXT タイタン 備考
原理 RFという高周波(ラジオ波)を用いた電波治療 近赤外光を用いた光治療 圧倒的な違いは高周波と光の違いということを理解しましょう。
波長の深度 真皮層深部〜皮下組織 真皮層 高周波と光とでは波長が届く深度が違いますので照射したときに作用する部位が違います。サーマクールのほうがより深いところまで届き、強いちからです。
作用 RFによる熱エネルギーでコラーゲンを収縮して引き締めます。収縮によるコラーゲンの変化に対しての自然治癒力を活用し、コラーゲンの大量増生、再収縮をねらいさらなる長期的な引き締め効果が望めます。 真皮層に存在している水分を赤外光により加熱して線維芽細胞を刺激。コラーゲンが収縮、再生し、引き締め効果とその持続を促します。 コラーゲンの収縮&再生から増生の作用が同様のものとなります。
痛み サーマクールの方が深部へ届き、大変強いちからの高周波が皮下組織へ及ぶことから痛みを余計に感じます。 タイタンは麻酔をしなくても照射が可能なほど、感じる痛みが少なくて済みます。 タイタンの痛みの軽さはたるみ治療では画期的。
持続性 効果が完全に出るまでに時間がかかるとはいえ、タイトニングされてから約1年。長期的なリフティング、アンチエイジング効果はサーマクールがどのたるみ治療よりも優れていると言われる所以です。 タイタンは照射後長くて約半年で約4ヶ月〜半年。クリニックによっては一か月おきを推奨することも。 サーマクールもタイタンも持続性がある治療です。
即効性 サーマクールの効果は2段階で現れます。比較的「即効性」がある効果もみられます。 即効性について言えば、どちらかというとタイタンの方が優れています。 タイタンは光による美肌効果(毛穴の改善や見た目度UP)も期待できます。
治療費 数ある美容医療の中でもトップクラスの治療費です。なにしろ、「キングオブたるみ治療」ですから。 タイタンの方があきらかに安く、サーマクールの3分の1〜半額もしくはそれ以下の治療費でタイタンの治療を受けることができます。 治療費は持続性や得られる効果などトータルでとらえ、自分のニーズを考慮して結果的にどちらが得なのか、スマートに考えましょう。

それでもどうしても決められないわって場合は、やはり全体的に考えて痛みも軽く、治療費も比較的低価格なタイタンから始めてみるのも良いかもしれません。

ただし、たるみ治療の基本は間違いなくサーマクールです。

クリニックによっては、とりあえずサーマクールで治療してからフォローアップ的役割にタイタンを使うことを良しとするところがけっこうあります。

しかし、美容医療にうん十万、うん百万自由に使える人も限られてますしね。そんなお金があればサーマクールとタイタンでどっちにしようとか尋常じゃない悩みっぷりを発揮したり、キャンペーンを必死に探したりしません。

ちなみに、サーマクールとタイタンは、コラーゲン収縮と再生によって引き締めをはかり、リフトアップやスキンタイトニング効果を得るという点で目的は同じなので、いきなり治療を受ける前に体験やキャンペーンで様子を知るのも違いを把握できるひとつの方法です。

サーマクールとタイタンの料金の違い

では、効果についで次に気になるサーマクールとタイタンの料金を比較をしてみましょう。

クリニックによって、はっきり言ってピンキリですが、東京の有名クリニックで例を上げていきます。

値段比較 サーマクールNXT(顔全体/200ショット) タイタン
青山エルクリニック 26万円 6万円
クロスクリニック 33万6,000円 8万4,000円
アヴェニュー六本木クリニック 31万5,000円 9万4,500円

価格の差は歴然です。ちなみにサーマクールの新しいチップ、STCチップの場合の料金になると恐ろしい値段になります。

たるみ治療最新機種

そしてまたまた悩みを増やすたるみ治療ができる最新の美容医療も登場しています。

サーマクールよりも深いSMAS筋膜に作用する、ウルセラ。ウルセラはサーマクールとWで受けるウルサーマという治療もあります。タイトニング効果の高いウルセラをサーマクールと同日に受けることによって効果をさらに高めることができるといわれています。

サーマクールのアフターケア的にも使われているのはサーマクールと同じ高周波のRFで異なったアプローチをする、テノール 。痛みがないたるみケアで単価も安いため気軽に受けることができます。

フォトRFが進化してタイタンの近赤外線とサーマクールの高周波RFが組み合わさったフォトRFリファームST。おなじみのポラリス

相性などもあるため、どれを受けるかは悩ましいところです。
たるみに関しての美容医療機器は今後も改善、改良、新たに開発されていくでしょうね。

<<Back 1 2 3 4 5 6

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)