シミはクリニックで取り除けるはもはや常識?

シミは目に見えて年を感じる嫌な老化現象のうちのひとつ。

光老化といって紫外線の影響で受ける肌ダメージでできてしまうのが原因のひとつですが、ニキビ跡、傷痕によるシミやホルモンバランスでできるシミもあります。

シミと一言で言ってもその種類は豊富で、見た目の大きさ、濃さ、範囲によってそのシミの名前も治療方法も変わってきます。

20代後半くらいからシミが増える人もいれば、そばかすのように10代のころから出てくるシミもあります。

そんなシミを嫌がる女性は大多数ですが、美容医療で目に見えて効果がわかりやすい治療のひとつがこのシミの除去です。

美容医療でのスキンケアがここまで広がったのはこのシミがなくなる!という目に見えて誰にでもわかる結果が口コミで広がったからともいえるでしょう。

ただし、シミの種類や範囲によっては治療の困難なものや長期間の治療が必要なものもあるのですが、一般的に紫外線でできたシミはほとんど美容クリニック/美容皮膚科の光やレーザー治療でなくす、目立たなくすることができます。

シミの種類

シミはまず肝斑かどうか?も疑った方がよく、シミにも種類があるのでどの種類のシミかによっても治療方法は異なります。クリニックでドクターに診断してもらうのが一番ですが、シミの種類であらかじめどんな治療を受けるのかシュミレーションしておくのがいいと思います。

シミの名称 シミの見た目と症状
老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん) / 日光性黒子(こくし) / 日光性色素斑 しみの中で最も多い症状と言われています。主に紫外線の影響によってできる茶色い(褐色の)色素斑。加齢により発生する場合もありますが、老人性という名称に関係なく若い人にも普通にできるもの。こめかみ、頬、額、背中や手の甲にも発症します。 発生したばかりの頃はうすい色ですが、だんだんと濃くハッキリしてきて、さらには隆起して(もりあがって)くる場合もあり、脂漏性角化症(イボのよう)になっていくものもあります。
炎症性色素沈着
(にきび跡)
にきび跡などがシミのように残ってしまうもの。1〜2年くらいで自然に消えることもありますが、日焼けをしてしまうとさらに濃くなり消えなくなったりします。薄いものならケミカルピーリングだけでも改善可能。
脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)/老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)=イボ 老人性色素斑の延長にできるもので、イボのように盛り上がったものを脂漏性角化症と言います。手の甲にも発症する。表面がボツボツとして見えます。
雀卵斑(じゃくらんはん) / そばかす 遺伝性のもので、頬の真ん中あたりから鼻を中心に散らばるようにできる散在性色素斑。小さい茶色の色素斑。ひとつひとつの形が三角や四角の形にみえます。10代の頃から発生し始めて、紫外線の影響で濃くなったり増えたりします。特に20代の後半から増加することが多く、治療をしても再発するケースが多いようです。美白の化粧品を使って改善することはほとんどないようです。

シミの多くは、美白化粧品ではどうにもならないものが多く、美白化粧品はシミの予防や炎症性色素沈着にきくかな〜?程度のものであると心得ましょう。シミが消えるという化粧品を使ってもくすみなどは改善されることはあるかもしれませんが、化粧品ではできてしまったシミを消すことはできません

シミの治療法〜ソフトなら光系、ハードならレーザー系?

レーザー系 ピーリング系 導入系 処方されるもの
マックスピール
メドライトC6
ルビーレーザー
Qスイッチレーザー
ケミカルピーリング イオン導入
アクシダーム
トレチノン(軟膏)
ハイドロキノン(軟膏)
シナール(ビタミンCの内服薬)
トランサミン(トラネキサム酸の内服薬)
光・IPL系
フォトフェイシャル
フォトシルクプラス
ライムライト
アキュチップ

主にシミに効くといわれている、治療は複数ありますが、短期間でシミを取るには複合的な治療が効果的なため、ケミカルピーリングをして肌の代謝を上げてからレーザーや光系でメラニンを破壊、さらにイオン導入/アクシダームでシミに効く有効成分を肌に導入といった手順で1セットになっているクリニックも増えてきています。

そうしたセットで治療することにより、半年/月1回通う必要があった治療を3カ月/月1回で済ませることも可能に(もちろん個人差ありですが)。さらに内服薬や塗り薬などのアフターケアも併用することによって色素沈着の防止や肌のターンオーバーの促進をしていきます。

レーザー系か光系かの大きな違いはダウンタイムです。光(IPL)系はダウンタイムも短く、肌の赤みもすぐに収まります。かさぶたにもなりますが、レーザーよりマイルドな治療のためレーザーと違って絆創膏などを貼る必要もありません。シミの大きさや数によっては絆創膏が目立ってしまうので、光系を選択してもいいと思います。ただし、シミの状態によっては光系は通う回数がレーザーよりも多く時間もかかるケースが多いです。

絆創膏を貼りたくない人は、光系、貼っても短期間で治療を終わらせたい人はレーザーを選ぶのがいいと思います。あとはドクターと相談して複合治療などのプランを立てましょう。

シミ治療の注意点

シミの治療はレーザーでもピーリングでも1回で終わることはほとんどありません。
もし1回でよくなったのだとしたら、それは炎症性色素沈着であったり、できたばかりの薄いシミだったと考えられます。

普通のシミは、レーザーだろうが、ピーリングだろうが、薄くなったと感じても1回で終わらせないことが肝心。本当にきれいになくなったのであればいいのですが、薄くなったと感じたら定期的にクリニックで治療を続けることが重要。(なぜなら薄くなったとおもっても時間差でまた浮き出てくることがあるからです。)

レーザーや光の治療後は一度シミが濃くなって見えたり、全体もしくは部分的にかさぶたのようになりますが、かさぶたをいじったりこすったりしない、かさぶたははがさない!のが重要です。

また、シミのレーザーでの治療後は小さい絆創膏のようなものを貼られますが、そういったものはドクターの指示を守って貼り換えたり、クリームを塗ったりといったことは必ず守りましょう。

もちろん言うまでもなく、UVケアは必須です。

悩み別でわかる美容医療

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)