かんぱんのしみ、そばかすのしみ同じレーザーで治療できる?

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん) / 日光性黒子(こくし) / 日光性色素斑

しみの中で最も多い症状と言われています。

主に紫外線の影響によってできる茶色い(褐色の)色素斑。加齢により発生する場合もありますが、老人性という名称に関係なく若い人にも普通にできるもの。こめかみ、頬、額、背中や手の甲にも発症します。

発生したばかりの頃はうすい色ですが、だんだんと濃くハッキリしてきて、さらには隆起して(もりあがって)くる場合もあり、脂漏性角化症(イボのよう)になっていくものもあります。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)/老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)=イボ

老人性色素斑の延長にできるもので、イボのように盛り上がったものを脂漏性角化症と言います。

手の甲にも発症する。表面がボツボツとして見えます。

雀卵斑(じゃくらんはん) / そばかす

遺伝性のもので、頬の真ん中あたりから鼻を中心に散らばるようにできる散在性色素斑。小さい茶色の色素斑。ひとつひとつの形が三角や四角の形にみえます。

10代の頃から発生し始めて、紫外線の影響で濃くなったり増えたりします。特に20代の後半から増加することが多く、治療をしても再発するケースが多いようです。

美白の化粧品を使って改善することはほとんどないようです。

◆治療法◆
≫Qスイッチレーザー
≫フォトシルクプラス
≫アキュティップ(アキュチップ)
≫ライムライト

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンが関係していると言われ、左右対称にモヤモヤとした感じで現れるもの。30代〜40代の女性によく出る症状です。

≫肝斑については肝斑の詳細ページへ

◆治療法◆
≫メドライトC6
≫フォトシルクプラス
≫アクシダーム
≫マックスピール
≫ライムライト
≫ケミカルピーリング
≫トレチノイン療法
≫ハイドロキノン
≫ドクタータカハシのPフェイシャル(体験)

炎症後色素沈着 / 炎症性色素沈着

火傷や日焼け、かぶれの後に生じる色素沈着。また、にきび跡や傷跡などの炎症が原因で茶色くシミとなって残ってしまったもの。

虫にさされたところがシミのようになってしばらく消えないことがあるかと思いますが、それもこの症状の一部です。さらにムダ毛の処理後に毛穴が目立つようになってしまったものは毛穴のまわりが黒くなってそう見えていて、これも炎症性色素沈着。毛穴が炎症を起こして発症しているのです。

炎症性色素沈着はほとんどが一過性のため、時間の経過とともに消えていくことが多いのですが、消えるまで時間がかかって、数年を要す場合もあります。消えるまでの間に紫外線によって濃くなってしまったり跡になってずっと残ってしまう場合があるので注意です。

レーザー照射後に発症するものでもあります。

◆治療法◆
≫ケミカルピーリング
≫トレチノイン療法
≫ハイドロキノン

扁平母斑(へんぺいぼはん) ●保険適応●

ジャンル的には茶あざ。茶色のあざが皮膚にできる病気で、基本的に生まれつきのものとされ、身体中のどの場所にでも発症するもの。盛り上がることがないあざのため、扁平母斑と呼ばれています。表皮にメラニン色素が多く存在して正常な皮膚よりも茶色く見えるという状態。

茶色のあざの中に極小の黒い点が混在している場合もあります。

ベッカー斑(遅発性扁平母斑)・・・あざとともに多毛がみられる場合があります。

カフェオレ斑

太田母斑 ●保険適応●

青黒い色をした青あざの1種。生まれつきのもの、中年を過ぎてから色が出てくるものとあります。日本人の女性に多く発症し左右対称に出てくる場合もあります。真皮層にのメラニン細胞が増殖した状態のもので目のまわりを中心に生じることが多く、目の下のくまと間違う場合もあるんだとか。額にもできます。

◆治療法◆
≫ルビーレーザー(Qスイッチorノーマルモード)
≫レチノイン酸/トレチノイン(レーザーと併用)
≫ハイドロキノン(レーザーと併用)

遅発性太田母斑 / ADM / 後天性真皮メラノサイトーシス

グレーから青みを帯びている色素斑だったり、小さな茶色っぽい色素斑で、頬上方に左右対称で発生します。どちらかというとシミではなくアザの1種です。また他の種類のシミと混在すると判断が難しくなり、特に肝斑との区別がつきにくく治療法を間違って悪化させることが多いパターンです。

◆治療法◆
≫Qスイッチレーザー

ちなみに、アキュチップでの治療は悪化する場合もあります。

蒙古斑(もうこはん)

本来、臀部(お尻)にできるものが蒙古斑として捉えられ、だいたいが消失しますが、それが消失せずに残っているものを「持続性蒙古斑」と言い、お尻以外のところにできて消失せずに残るものを「異所性蒙古斑」●保険適応●といいます。

顔にできた場合、太田母斑と間違われることがあり、治療法を間違うと最悪の場合皮膚陥没など、とんでもないことになるので注意が必要です。

異所性蒙古斑は保険適応

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん) / 毛孔性角化症

二の腕あたりによく見られる丘疹を伴う遺伝性の病気。近年やっと、治療法が確立されてきました。

◆治療法◆
≫ダーマローラー
≫アレキサンドライトレーザー
≫ケミカルピーリング

皮膚科で処方される塗り薬だけでは、おもうように完治しないことが多くあります。

光線性花弁状色素斑(こうせんせいかべんじょうしきそはん)

激しく日焼けをした後に肩から背中にかけて発生することが多く、1ミリ〜2ミリの花弁状の斑点。花びらのような形をしています。

外傷性刺青 ●保険適応●

ウイルス性イボ / 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい) / 尋常性いぼ

シミ治療用に開発されたQスイッチレーザー

上記のしみやあざは、ほとんどがQスイッチモードを搭載したレーザーを用いての治療が可能です。

QスイッチはQuality Switchingの略称名。下記の3つが主にしみ治療に最適と言われる機器です。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

Qスイッチルビーレーザー

QスイッチNd:YAGレーザー

Qスイッチは、しみ治療用に開発されたもので、色素を破壊する強力なエネルギーの照射が可能です。治療部位周辺の正常な組織に損傷を与えずに色素だけを破壊します。

≫しみ専用に開発されたQスイッチレーザー

Qスイッチレーザーと光スポット治療アキュチップの違い

Qスイッチレーザーと比較して、アキュチップの反応はマイルドです。そのため効果もレーザーよりは即効性がありません。

ただし、その分ダウンタイムが少なく、色素沈着のリスクが最小限です。

肌質や体質的に日焼けしやすい場合は、レーザー治療による色素沈着のリスクが高まるので光治療のほうが適しているのかもしれません。

また、レーザー照射後はガーゼやテープによる治療部位の保護が必要となる場合がほとんどです。

光治療の場合はテープなどを用いての保護の必要もなく、ダウンタイムが少ないことが何よりのメリットと言えますが、その分治療回数をこなさないと、1回では満足のゆく結果が得られないことが多いようです。

回数がそれなりに重なれば、アキュチップのほうが治療費が高額となります。

 

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)