ヒアルロン酸、ボトックスを自己注射?

自己注射,画像

近年、ヒアルロン酸やボトックスの注入製剤を個人輸入で購入し、自己注射する人が増えています。

自己注射をする理由としては、

クリニックでの治療費が高額なこと。

高額な上に繰り返しの注入を要するため。

クリニックで治療をしてもらっても思うような結果が出ない。

などが中心に挙げられます。

が、医学的知識がない人の自己注射は大変危険な行為です。

ヒアルロン酸注射ボトックス注射は、皮膚の中に製剤を注射しても問題の無い部分へ注入して効果が得られるという医学的な見解上行われているため、ただ単に注射すればいいという簡単なものではありません。ですから、注射は必ずドクターが行うわけで、無意味な場所に製剤を注入してしまったら大変なことになります。

こういったことを実行してしまう人は自分は大丈夫という、わけのわからぬ自信があることが多くみられますが、将来のことや自分自身のことを考えたら、普通はできるものではありません。

後遺症はもちろんのこと、最悪の場合注射によるショック死を引き起こすんだそうです。

また、ヒアルロン酸やボトックス以外にアクアミドという、硬化ジェルの注入製剤でもトラブルが多発しています。

自己注射トラブルの治療にクリニックへ訪れる人が増え続けているんだとか。ドクターの間でも問題視され学会などで緊急ミーティングが開かれるほど。

ヒアルロン酸自己注射による後遺症例

これは日本美容外科学会で報告された、自己注射による後遺症の一例です。

日本国内在住の30代の女性

香港の輸入代行業者を通じて、ヒアルロン酸注射を個人輸入

注入箇所:頬、目の下

自己注入理由
クリニックで一度ヒアルロン酸注射を受けており、その効果を感じ再注入を熱望。
しかし、治療費が高額のため、失敗しても半年で元に戻ると安易な気持ちでネット上の体験談をもとに個人輸入及び自己注射を決意。

◆3ヵ月後◆
ヒアルロン酸を注射した一部がふくらんでシコリとなったため、 結局クリニックでヒアルロン酸分解注射を行ったものの、そのシコリは無くなることはなく、皮下に引き攣りが起こる異物肉芽腫症という病気を発症

完全に元に戻すことは困難であると診断される。

自己注射でヒアルが吸収されない理由

肌は、表皮、真皮、その下に皮下組織があるのですが、入れる場所を間違えば本来吸収されるはずのヒアルロン酸が吸収されなくなります。これはヒアルロン酸だけでなく、レディエッセなどのフィラー系は当たり前のこと。

なので、医師でもまれに入れる場所を誤り、しこりとなってトラブルになるほど、注射というのは技術を要するものなのです。皮膚の厚さは2ミリ程度。その下は皮下組織で、目の下などの皮膚が薄いところは0.2ミリしかないといわれています。

さて、ヒアルロン酸はどの深さに注射すればいいものでしょうか?

ヒアルロン酸やフィラー系の注射は真皮の深いところで、脂肪層の手前と言われています。真皮の浅いところに注入すると、異物感や触った時の違和感を感じたり、しこりになったりします。

しかも、一度注射針を刺した部位に大量に入れるのではなく、少量を複数の箇所に分散して注射するのが本来のやり方。真皮の深さなどを注射針さしたときの感覚でわかるのは、やはり経験豊富なドクターならではの技術です。

このあたりを間違えると吸収されるのに時間がかかったり、本来吸収されるはずなのに組織がうまく働かず吸収されなかったりするのです。

きれいになるための注射で顔に凸凹や違和感があっては台無し。
自己注射や技術のないドクターの注射は危険です。間違っても自分で注射しようと思わないでくださいね。

ヒアルロン酸注射、ボトックス注射
トラブルにならない美容医療級の化粧品を使ってお手入れ
権威に頼る注入治療
ヒアルロン酸注射、ヒアルロン酸注入で若返り

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)