再生医療は高額だけど気になる注射系治療のひとつです。

自分自身の細胞を採取し、科学のちからで有効化して肌にもどして再生させる。

これを総称して美容医療における再生医療といい、再生医療の中でさらに以下の治療法に別れます。

自分の肌細胞をつかう、肌細胞補充療法

自分の血液をつかう、多血小板療法、PRP療法、リジェンACR療法、セルリバイブ、W-PRP療法

自分の血液+成長因子添加セルリバイブジータW-PRPプレミアム療法

150種類以上の成長因子を肌に注入するグロスファクター注射、グロスファクターメソセラピー、 グロスファクター皮膚再生療法。

このように美容医療で再生医療のカテゴライズされている注射はいくつかあります。
ただし、本当に厳密な再生医療は細胞を使用する肌細胞補填療法のみが再生医療と正式によべるもの。

その他の血液から採れる血小板などを利用した注射は厳密には再生医療にカテゴライズされません。
ただ、美容医療の括りとしては肌細胞に働きかけるという意味で再生医療に基づいた治療として再生医療的な扱いをしているところが多いです。

ひとつの治療に対して色々な呼び方や治療名があるのでとてもわかりにくいものですが、内容を把握することで解決します。

再生医療は即効性を求めるものではなく、根本的な治療を目的とし、自己細胞により副作用のないアンチエイジングを目的とした時間をかけて行われる美容医療の治療です。

よってヒアルロン酸注射ボトックス注射のような見た目の即効性は期待できません

自分自身の細胞をつかっていることから、より自然な結果が得られることが最大の特徴です。

では、それぞれの治療について説明します。
結構こむずかしいので気合いを入れて読んでみてください。

肌細胞補充療法(肌の再生医療・線維芽細胞注入)

RACS療法ともいいRACSはReplenishment of Autologous Cultuorenge2 Skin cellの略で、「培養された自己由来の肌細胞の補充」を意味し、肌細胞とは真皮層の線維芽細胞のことを指し、線維芽細胞はコラーゲンを作る細胞です。

血液検査ののち、耳のうしろから皮膚採取をして(切開ではなく縫合は不要)、線維芽細胞のうち優良な細胞のみを抽出してからバイオのちからで増殖、培養が行われます。これにかかる期間は約1ヶ月を要します

耳のうしろの細胞を使う理由は、紫外線の影響を受けにくく、顔の細胞に近いこと、単純に目立ちにくいという理由から。

増殖、培養した自己肌細胞を老化が目立っている箇所に注入すると線維芽細胞が再生され、コラーゲンを長期にわたり増生する結果となり、ハリが出てしわやたるみにも効果的で持続性のある肌改善が見込めます

血液を使う再生医療よりも強力な治療といえますが、注入前に細胞を育てるのに時間がかかり、注入も数回を用しその都度費用がかかるなど、大変手間とお金のかかる治療です。

ただし、一度採取した細胞は保管ができるので、5年後、10年後といった先を考えると、若いうちの細胞が年を取ってからも注入できるのが魅力。細胞保管にも別途費用が掛かります。

根本的に皮膚を修復することができるのは、肌細胞だと言われています。

この治療によって皮膚の状態が再生された(若返った)あと、通常の老化がまた始まるので、全く元に戻らないというわけではありません。赤ちゃんの肌になれるわけではないので過剰な期待は禁物です。

また、この治療を受ける9割が女性の医療関係者なんだそうです。

ハッキリ言って、見た目についての即効性は感じられない印象を受けますが、治療後の皮膚の厚みは確実に増します。この皮膚(肌)の厚みは肌の若さに比例するといわれていて、皮膚測定で判別できるものです。

≫肌細胞補填療法のページへ

PRP療法・多血小板療法・リジェンACR療法

ほかにも治療名がありますが、これらは血小板血漿を用いた再生医療法で、壊れた血管や細胞を治す血小板の性質と血小板の持つ成長因子を利用し、細胞を増殖させて、若返らせます。

肌細胞補充療法とは違い、肌細胞ではなく血液を使います。

自分自身の血液を採血して遠心分離させ、優良な成長因子を持つ血小板をたくさん含む血漿(PRP)を取り出します。

これにかかる時間は約20分ほど。

その後、取り出したPRPをさらに活性化させて注入します。注入された部位では様々な細胞成長因子が放出され細胞の増殖と修復、血管の新生と修復、コラーゲン、ヒアルロン酸生成などの効果が期待できます。

PRPは、platelet-rich plasmaの略で、「高濃度の血小板血漿」を意味し、血漿 (けっしょう) とは血液に含まれる液体成分の一部で血液中の血球以外の成分のことです。

リジェンACRキットというものを用いてPRPを抽出するので、そのままリジェンACR療法とも呼ばれます。ACRは、Autologus Cell Rejuvenationの略で、「自己血小板を用いて若返りを図ること」を意味し、リジェンはACRキットを作っているメーカーの会社名(スイス)です。

一般的に2週間〜2ヶ月かけて細胞が再生し効果があらわれ、持続性は3ヶ月から長くて1年前後。

血小板とか血漿とか、培養とか、ちょっと難しいのですが、要は自分の血液中にある細胞を一回取り出し、ちからのある細胞に育てて増やしたものを自分に戻すことにより、内側からの若返りが期待できるというもの。

しかし根本的に皮膚を修復することができるのは、 血小板ではなく、肌細胞と言われています。

≫PRP療法・多血小板療法・リジェンACR療法のページへ

W-PRP療法、セルリバイブ、自己白血球含有多血小板血漿療法

PRP療法は高濃度の血小板(PRP)だけを使った再生医療ですが、セルリバイブはPRPと白血球(W)を取り出したものを注入により自分の肌に戻します。

抽出キットはACRではなく、アメリカのカスケード・メディカルのものを使用します。PRP治療法とはまったく異なる新しい概念の治療と把握してください。

血小板や白血球は体に出来た傷を治す細胞で、セルリバイブでは血小板と白血球を濃縮して併用することで自然治癒力と組織再生力をふくらます成長因子を放出し皮膚の再生を最大限に活かす治療です。

「成長因子」と呼ばれる、体の細胞を元気にして若返らせる成分が放出されることによってコラーゲンの産生や毛細血管の新生などが促され、肌の若返りが期待できます。

セルリバイブでは高濃度に濃縮させた血小板と、白血球を含む「自己白血球含有多血小板血漿(W-PRP)」を注入することで、様々な肌の悩みを改善していきます。

注入後2週間ごろから3ヶ月をかけて肌細胞が活性化され、半年〜1年持続します。

PRP療法で効果がなかった人でもW-PRP療法で効果を感じる人が多いようです。

注意!ボトックスと血液を利用した再生医療

ボトックスの治療前後1ヶ月は血液を利用した再生医療受診は避けましょう。ボトックス製剤のボツリヌストキシンは血小板活性を抑える働きがあり、治療の効果が得られない場合があります。またこのインフォメーションはボトックス・ビスタ、ディスポートについても同様です。

セルリバイブジータ(W-PRPプレミアム療法)

W-PRPプレミアム療法、セルリバイブジータなどと呼ばれ、純粋な自己細胞を使用した再生医療ではなく、自己細胞に添加物を加えたさらに新しい再生医療法です。

セルリバイブジータ = 「細胞成長因子添加自己白血球含有多血小板血漿注入療法」となります。

自己白血球含有多血小板血漿=W−PRPです。

「セルリバイブ(W-PRP)」の治療に添加物を加えて治療を行うのが「セルリバイブジータ(W-PRPプレミアム)」

自分の血液に含まれている血小板と白血球を濃縮させたW-PRPに「グロースファクター」という細胞成長因子を添加して、肌に戻すことにより、セルリバイブよりも安定性が増した効果を得られるようになり、皮膚再生能力がUPしています。

もともと血小板や白血球は、体に出来た傷を治す働きを持つ細胞で、その血小板と白血球を濃縮して併用し、体内に戻すことで自然治癒力と組織再生力を高めます。

セルリバイブジータは約1カ月でその効果が実感でき、持続性が他の再生医療より長期的で、約3年から5年といわれています。

治療が難しいとされる目の周りの小じわやちりめんじわ、目の下のくぼみ、クマ、まぶたのへこみに最も最適な治療として確立しつつあり、法令線(ほうれい線)にも効果があることから長期のお休みが取れる年末年始や夏季、GWに治療希望が集中するんだそうです。

また、顔意外に年齢が気になるパーツとしてベスト3に挙げられる首のしわを改善する治療としても需要が高いもの。ただし、添加されるグロースファクター(b-FGF)によってしこりができてしまった失敗例もあるため、安心度はちょっと心配。

さて、これだけサクッと各再生医療について説明しましたが、実際は費用の面やヒアルロン酸注射などと比べて何がいいか?などは判断しづらい点があると思います。

再生医療はまだまだ症例数もヒアルロン酸やボトックスに比べ少なく、価格も比較的高額であることから口コミも少ないですし、不明な点も多いのが現状。

また、こちらではいい点ばかりをかいていますが、各治療についてのデメリットや症例、口コミなども詳しく書いていきたいと思います。まずは、M+Bも注目している肌細胞補てん両方から。

≫自分の肌の線維芽細胞を注射して肌の中から若返る

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)