フォトシルクプラス(DEKA社)の照射でシミ治療

フォトシルクプラスを照射している様子

フォトシルクプラスを照射している様子

さていよいよフォトシルクプラスの照射です。

フォトシルクプラスは副院長先生が照射。

フォトシルクプラスは脱毛効果もあるため、眉毛や髪の毛の生え際はカバーしてもらいます。

産毛にも反応するので、額や眉、こめかみのうぶげは看護師さんがカミソリで剃毛してくれました。

準備が整うと、脱毛の時と同じようなジェルを顔全体に塗ります。ちょっと冷たく、ヒヤッとします。

ジェルを塗り終わったら、いよいよ照射。
フォトシルクプラスはフォトRFやフォトフェイシャルと似ていて、脱毛の施術とも同じ肌がはじかれるような
一瞬熱くて軽い痛み
があります。

我慢できない痛みではないですが、ちょっと「ビクッ!」っとしてしまいます。

先生が照射ごとに、「はい」と声をかけてくださるので、心構えができます。

シミがあるとことは少し痛みがつよかったり、産毛があると、燃えるので、少し焦げ臭いにおいがします。ジェルが冷たいのでヒリヒリとかはしませんでした。

熱量がある施術だと、術後のヒリヒリ感がすごく強かったりしますが、フォトシルクプラスはそんなこともなかったです。(※シミの濃い人や施術の出力などで痛みの感じ方に個人差はあると思います。

顔全体にまんべんなく照射を丁寧にしてもらいました。

眉毛と髪の毛の生え際をカバー ジェルを顔全体に塗布します フォトシルクプラスを照射している様子
眉毛と髪の毛の生え際をカバー ジェルを顔全体に塗布します フォトシルクプラスを照射している様子

フォトシルクプラスで顔全体を照射しました(動画あり)

フォトシルクプラスはフォトRFやフォトフェイシャルと似ていますが、フォト系の機械ではフォトフェイシャルやフォトRFよりも新しく、シミにはフォトRFよりも反応しやすいそうです。

メラニンをターゲットとして照射するため、うぶげにも反応しますが、シミにはフォトRFよりもフォトシルクプラスの方がより効果的だそうです。

こちらは照射の様子を動画で撮ったもの。

エステやクリニックで脱毛したことがある人はフォトシルクプラスの痛みが想像しやすいと思います。

顔の脱毛をするときよりも少し強い痛みかな?
という感覚。

でも、我慢できる痛みなので、脇脱毛やひざ下、ビキニラインなどの脱毛をエステでしたことがある人は平気な痛みだと思います。

照射直後はうっすらあったシミが反応したため、少し肌が部分的に赤くなっています。
フォトシルクは目のカバーをして照射していますが、目元ギリギリまで照射可能で、アイマスクをずらして目の下も照射してもらいました。

顔全体を2周して、ジェルをふき取ってもらいました。

目元近辺もフォトシルクを照射 フォトシルク照射後ジェルを取除く クリスタルピーリングの機械
目元近辺もフォトシルクプラスを照射 フォトシルクプラス照射後ジェルを取除く 肌の赤みなどの反応をチェック

ちなみに、次にピンポイントで照射するメドライトCの照射のために、鼻のシミとこめかみのシミは表皮麻酔のクリームが塗ってある状態です。

フォトシルクプラスのショット数と料金はクリニックによって違う?

クリスタルピーリングを受けている様子

フォトシルクプラスを受けている様子

フォトシルクは顔全体にまんべんなく2往復してもらいましたが、ハンドピースの面積から言って、
1往復30〜40ショット程度

で2往復だと単純にその倍くらいです。

フォトシルクプラスのトライアルなどがあるクリニックもありますが、部分的にするのか?全体的に照射するのか?などによっても値段が変わってきます。またショット数での料金表があるクリニックもあります。

シロノクリニックでもフォトシルクプラスは全顔1回というもの以外にパーツ別に頬+鼻というコースもありました。

ちなみに頬+鼻は1回/43,200円(税込)。
全顔は1回64,800円(税込)です。

初回は初診料が通常かかりますが、こちらのページから申し込むと無料になります。
シロノクリニックのキャンペーンページへ

顔の大きさやどのエリアを重ね打ちするか?などによってもショット数は変わってくるので、ショット数と単価などで選ばずに、丁寧さと照射エリアの選択肢の有無などで選ぶといいと思いますよ。

フォトシルクプラスは、比較的ポピュラーな施術であるため、都内のクリニックではフォト系の機械として導入しているクリニックは星の数ほどあります。

ただ、ビフォーアフターケアの有無や、フォトシルク照射後のクールダウン、アフターケアの有無はチェックしたほうがいいです!

それになんといっても、フォトシルクはシロノクリニックでは副院長に照射をしていただきましたが、他のクリニックでは看護師さんが照射することも多いんですよ。

医師が施術を行うという安心感は大事なポイントです。

さて、全顔ショット2往復が終わってほっとしたのもつかの間、次はシミをピンポイントで照射。
Qスイッチルビーレーザーの登場です!レーザーでのシミ治療ははじめてなのでちょっと緊張しましたよ。

≫Qスイッチルビーレーザーでピンポイントのシミ治療

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)