Qスイッチというモードを搭載したレーザー

Qスイッチルビーレーザー 照射直後の写真

ルビーレーザー@シロノクリニック

Qスイッチレーザーには、以下の3種類があります。

  • Qスイッチルビーレーザー
  • QスイッチNd:YAGレーザー
  • Qスイッチアレキサンドライトレーザー

ノーマルモードと呼ばれる既存の、ルビーレーザー・Nd:YAGレーザー・アレキサンドライトレーザーをベースとして、別の状態のレーザーを発生させることができるようにしたのがQスイッチモードで、しみ治療やあざ治療の効果と安全性を向上させたものです。

Qスイッチモードでのレーザー治療は、とても狭い範囲にレーザーの光が照射され、メラニン色素を中心とした色素に反応するので、しみやあざの症状が出ていない正常な皮膚を傷つけることが無く、真皮層の奥深いところに存在するしみやあざにも有効です。

だから本来ならば、ルビー(またはNd:YAG、アレキサンドライト)レーザーのQスイッチモードで治療とか、ルビー(またはNd:YAG、アレキサンドライト)レーザーのノーマルモードで治療という言い方になるわけなんです。

ルビーレーザー、Nd;YAGレーザー、アレキサンドライトレーザーの機器にQスイッチモードを備えている場合は、だいたいがQスイッチモードとノーマルモードの両方が装備されていると考えて良いでしょう。

しかしQスイッチモードが開発されてから、果たしてどんなときにQスイッチモードではなくノーマルモードでの治療を行うのでしょうか?

ノーマルとQスイッチの違いが気になるところです。
≫ノーマルモードとQスイッチモードの比較

Qスイッチレーザーの比較ルビーレーザーとメドライトCの違い

3種のQスイッチレーザーの主な違いは波長と原理にあって、波長とは光の長さを表すもの。

波長が短いものは光の深達度が浅く皮膚表面に作用して、波長が長いものほど光の深達度が深く皮膚の深部にまで作用します。

簡単に言うと、レーザーを照射したときに、皮膚の中のどこの部分までレーザーが届くかの違いであり、レーザーが作用する場所によって、赤いもの(ヘモグロビン)に作用する力が強いとか、黒いもの(メラニン)に作用する力が強い。という差が出るわけなんです。

ちなみに、レーザーが作用するというのは、作用する場所にある組織にレーザー光の波長が吸収されるということ。

たとえば3種のQスイッチレーザーが作用する場所にあるのはメラニンという組織。Qスイッチレーザーの波長はメラニンに吸収されるのです。レーザーの光を吸収したメラニン色素は破壊され、体外に排出されるか体内で分解されてしみが無くなってゆくのです。

Qスイッチルビーレーザー QスイッチNd:YAGレーザー Qスイッチアレキサンドライトレーザー
代表機種
ルビーレーザー
ルビーレーザー(JMEC)
メドライトC6
メドライトC6(HOYAコンバイオ)
アレックスレーザー
アレックスレーザー(キャンデラ)
波長 694nm 532nm/1,064nm 755nm
原理 ルビーの結晶を用いたもの YAGとはイットリウムとアルミニウムの複合酸化物からなるガーネット構造の結晶で、結晶製造時にイットリウムを一部ネオジウム(Nd)に置き換えたものがNd:YAG アレキサンドライトという人工宝石を用いたもの。ダイヤモンドよりも高価でキャッツアイという鉱物と同様のもの。
効果・効能 可視光線の一部でメラニン色素に反応し、コラーゲンやヘモグロビンへの吸収率が低いのが特徴。
赤いあざには効果がありません。
The Ruby Z1という機種はカライドスコープが搭載され均一にレーザー照射ができるのでムラのないしみ治療ができます。
532nmの波長はメラニン色素に反応するとともにヘモグロビンの赤い色素にも反応し、赤あざに効果を発揮します。

波長の長い1,064nmはメラニンへの吸収率が低いものの適度な吸収を保って、肌の色が濃い場合でも照射ができ、3種の中では一番深い組織への到達が可能。深在性疾患の治療に適している。
皮膚良性色素性疾患治療用に主に使われます。異常メラニン色素に反応し吸収されやすい特徴があり、黒いあざに適しています。
適した治療 しみ、あざ(青あざ・茶あざ・黒あざ)
ほくろ、ソバカス
太田母斑、異所性蒙古斑、扁平毋斑、外傷性刺青、刺青・アートメイクの除去
特に黒・茶色(赤、緑には反応が低い)
しみ、あざ(青あざ・茶あざ・赤あざ・黒あざ)
ほくろ、ソバカス
脂漏性角化症
太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性刺青、刺青・アートメイク(黒と赤)の除去

カーボンを組み合わせて毛穴治療も可能。
しみ、あざ(青あざ・茶あざ・黒あざ)
ほくろ、ソバカス
脂漏性角化症
太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性刺青、刺青・アートメイク(特に黒・青・緑)の除去
メリット 3種のQスイッチの中でしみに一番効果がある(治療回数が少なくて済む)と言われる機種。 短い波長と長い波長への切り替えと混合波長が選択でき、表皮に存在するしみ、から、真皮に存在するものにまで対応でき機種。深達性の調整が可能です。

レーザー後の炎症後色素沈着が最も軽く済むという特徴があり、手の甲や背中のシミの治療にも適していると言われる機種。
その他 健康保険適応の機器

扁平毋斑ルビーレーザーでの治療のみ保険が適応されます。
太田母斑もルビーレーザーで保険適応となります。

シミ治療は保険適用外です。
肝斑の治療ができるメドライトC6は、QスイッチNd:YAGレーザーの1種で、レーザートレーニングとも呼ばれます。

マックスピールの治療もQスイッチNd:YAGレーザーのSPECTRA VRMを用いて行うもの
健康保険適応の機器

太田母斑は3ヵ月に1回の照射で保険が適応されます。

シミ治療は保険適用外です。

似たような効果を示す3種類のQスイッチ。いったいどれで治療すればいいのか?

3種のQスイッチレーザーを導入しているクリニックでしみやあざの診断をしてもらい、症状に合ったQスイッチレーザーを選択してもらうことが一番最適といえます。

とはいえ、「3種のQスイッチレーザーを持っているクリニック」となると、なかなか稀少なのが現実です。自己選択するには困難極まりないわけですが、一番わかりやすいのは「対応する色」です。

3種共通してメラニンに吸収されるのはしみ専用のレーザーとして存在している上では当たり前として、赤に反応の低いのがルビーレーザー。逆に赤に対しての反応が高いのがメドライトCのNd:YAGレーザーです。青あざなどの異常色素に対して効果的なのがアレックスレーザーです。

それをふまえて得意分野でいうと、ルビーレーザーは茶色、ネオジウムYAGは赤、アレキサンドライトは黒となります。

ただし、やはり色だけで決めるわけでもなく、症状や波長、出力など、色々なパターンを考慮し使用する機器やモード(Qスイッチかノーマルか)を選択するため、なにしろ信頼できるクリニックでの診察をお勧めします。

Qスイッチレーザーのダウンタイム

Qスイッチルビーレーザー 照射直後の写真

Qスイッチルビーレーザー 照射直後の写真

一時的なものとして、照射部位や周辺に赤み、ほてり、腫れの症状が出る場合あります。

照射部位のしみやほくろが反応し、直後から赤みを帯びて濃くなったようにみえます。(アンナのQスイッチルビーレーザーのシミ治療体験レポート)

その後3日〜1週間前後でかさぶたとなって剥がれ落ちますが、約1週間〜2週間は処方された外用薬を塗ってテープを貼る必要があります。(※ほくろや濃いシミの場合

そのため、メイクをする場合はテープを貼り付けた上からしなければなりません。

テープは、かさぶたの下で再生している皮膚を保護するために必要なことですので「ま、いっか」と、勝手な判断でテープを貼らない等、ドクターの指示を守らないと炎症後色素沈着という副作用を招きかねません。

かさぶたが取れたあとの照射部位は正常な皮膚に戻るまでピンク色をしたデリケートな状態のため、紫外線対策が必須です。正常な皮膚に戻るまで数ヶ月かかる人もいて、その過程においてしみが濃くなったようにみえる場合もありますが、徐々に無くなっていきます。

しみが完全に無くならなかった場合は再照射が必要となります。

症状や体質、肌質により、ガーゼやテープを貼る期間、注意することや照射後の反応および経過に違いがあります。立体的なホクロなどの場合はテープや薬が処方されますが、シミ治療の場合は炎症を抑える塗り薬だけが処方されることもあります。

レーザーだから、1回でしみが取れる?

しみの症状や深さによって違います。表皮に存在する薄いしみの場合、1回で取れることがほとんどですが、真皮層の深い部分に存在するしみ、もしくはシミに見えるホクロ、あざの場合は1回で消えないこともあるので、数回の治療が必要となることもあります。

Qスイッチレーザーの副作用×デメリット

Qスイッチルビーレーザー 照射直後の写真

Qスイッチルビーレーザー 照射1時間後

かさぶたが剥がれ落ちた後にレーザーの熱による炎症後色素沈着が起こることがまれにあります。(通常はかさぶたになり、その後ピンク色の皮膚が通常の皮膚になります。)

これはQスイッチでいうと、再発や治療の失敗ではなく、必然的に起こりうる症状です。

この症状が出た場合は外用薬によって炎症を治療します。おさまるまでには約3ヵ月〜半年を要します。

ただ、炎症系色素沈着はニキビの跡や蚊に刺された後と同じでターンオーバーで消えることがほとんどです。

ちなみにQスイッチレーザーの照射で出血することはほとんど無いと言われ、よほどのことが無ければ照射が原因で瘢痕(はんこん=傷跡)として残るものでもありません。

レーザーを照射した後は、皮膚の状態が大変デリケートです。紫外線対策をしっかり行わないと、副作用とはまた別のしみの再発を引き起こします。

治療部位は絶対にこすったりせず、保湿と紫外線対策を忘れずに。刺激の少ない美白剤も有効です。成分によっては使用しないほうが良いものもあるので、ドクターに確認してみましょう。

レーザー照射の痛みがあるので、症状や照射の範囲や場所によって麻酔クリームや注射の麻酔を使用する場合があります。(シミはクリーム、深いホクロは注射を使用します。)

太田母斑など範囲が広く、あざが目の付近や鼻に及ぶ場合の照射は相当な痛みがあると言われています。

Qスイッチレーザーの料金

しみ ¥1,000〜5,000/1ショット

サイズによっては1cu15,000円〜27,000円

ショット数単位、もしくはサイズ単位での料金設定となり、そこからさらに、しみの場合とほくろの場合で料金に違いが出ます。

ほくろはサイズ又は個数となり5mm以下で15,000円前後、1個1万円

アンナはQスイッチルビーレーザーでのシミ治療をシロノクリニック恵比寿で受けました。
Qスイッチルビーレーザーの体験レポート@シロノクリニック
ピンポイントのシミにはQスイッチルビーレーザーは効果的!かさぶたも1週間で取れました!

↓シロノクリニックのホームページはこちらをクリック↓

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)