プラセンタ注射を美容目的で受けるってどういうこと?

今やかなりポピュラーとなったプラセンタ。

プラセンタサプリやドリンク、化粧品などプラセンタと名のつく商品もかなりの数があります。

でも、プラセンタってなんなのでしょう?

プラセンタとは人胎盤抽出物のことです。
リアルな話、出産後に母体から取り出した胎盤からつくられる製剤。

馬をはじめとする哺乳類は出産後自分の胎盤を食べることから、胎盤には栄養素がたくさん詰まっているといわれていて、日本人も昔は出産後の胎盤を一口食べてから埋めたといわれています。

現在も高級な婦人科の出産入院プランでは出産後の自分の胎盤を血抜きしたりといった処理をして食べるというサービスがあるところも。味は馬刺しみたいなんだとか。

ぶっちゃけグロテスクなので掲載はしませんが、グーグルで検索すると画像も見れます。

というわけで、プラセンタ注射は人の胎盤から生成されたもので、医療機関でのみ受けられる注射です。

プラセンタに関しては、私たちM+Bのメンバーたちもかなり利用していて、いろいろなクリニックでプラセンタ注射や点滴を受けることによって数多くの情報を手に入れることができています。

もちろん、効果効能に関しては個人差がありますが、プラセンタに関しては歴史や製剤の違い、メリットだけではなく、デメリットも知っておいてほしいという思いからちょっと大幅に情報をリニューアル&拡大しました!

プラセンタには多くの栄養素、成長因子がふくまれていて、生理活性物質が自然のままの状態で混在していることから、全身の器官の機能低下を補うちからを持ち、免疫力、治癒力の向上や細胞の活性化、新陳代謝や血行の促進効果など、効果は多岐にわたります。

お肌の調子が良くなる、生理痛が改善される、ホルモンバランスがよくなる、朝起きれるようになるなど感じる効能は人それぞれですが、すごく効く!というプラセンタと相性のいい人といまいち何がよくなったかわからないという人に分かれます

相性がいい人は注射を打ったその日のうちによく眠れたり、肩こりがよくなったりと即効性を感じます。

効果効能は人によってははっきりしないし、人によって体感がだいぶ違うのですが、効くという人は定期的に打っています。その他の多くの人もなんとなく調子が良くなると感じていることは確か。口コミや友達がプラセンタ注射を打っているから、クリニックで点滴のオプションとしてなどの理由でプラセンタ注射を利用する人が多いんです。

実はプラセンタ製剤の元となる人胎盤については、未だに全解析が完了しておらず、未知の可能性を秘めていると言われています。

化粧品やサプリメント、ドリンクでも市販されているものは人間のものではなく、馬や豚、鳥などからつくられているものです。そのため、クリニックで受けられるプラセンタ注射はもちろん、プラセンタドリンクやサプリメントよりダイレクトにからだに吸収されるため吸収率も高く即効性も感じやすいといわれています。

胎盤からプラセンタ製剤への製造は下記の工程で行われています。

BSEが流行した海外への渡航履歴について事前に確認、 問題のある胎盤は原料として使わない体制が整っています。次にウイルス検査。 エイズ、B型・C型肝炎、成人T細胞白血病、りんご病などの病原体がないかのチェック。さらにウイルスや細菌の混入を防ぐための汚染防止対策、ウイルス不活性化処理、滅菌を講じ、安全性や感染の疑いが無いことを確認。

以上のことを経て、有効成分を抽出したものがプラセンタ製剤となります。

プラセンタ製剤(ラエンネックとメルスモン)について

美容医療で使われるプラセンタは、厚生労働省の認可を受けている特定生物由来製品で、
主にラエンネックという医薬品が投与剤として使われています。

ラエンネックのほかに、メルスモンというプラセンタ製剤もあり、いまのところこの2製剤のみが薬事法において承認を受けているプラセンタです。

メルスモンは更年期障害・乳汁分泌不全を効果・効能として、ラエンネックは慢性肝疾患における肝機能の改善を効果・効能として承認を受けており、製造工程の違いから内容成分および濃度に違いがあります。

ちなみに、プラセンタ製剤は日本人の胎盤が原料であるとは断定できません。製造元は日本国内のクリニックから、正常分娩の胎盤を対象として収集しているため、日本で出産をしている外国人の胎盤も含まれている可能性があります。また、胎盤提供者に対しての年齢制限は特に設けられていません。

プラセンタ治療を受ける上で知っておかなくてはならない重要なことは、日本赤十字の献血において、ヒトプラセンタの体内投与経験者の献血が制限されていることです。
これは厚生労働省のヒトプラセンタによるヤコブ病(プリオンが原因の感染症)のリスクを問題視していることからなる結果で、ラエンネック(またはメルスモン)を1回でも使用した場合、献血はできません。
プラセンタを打つ前に気を付けたいこと

ちなみに、プラセンタは血液やホルモンが製造過程で全て除去されているので、ホルモン製剤ではありません

プラセンタでできる治療

プラセンタ注射・点滴で疲労回復、免疫力の向上、肌荒れ改善、更年期障害の抑制、生理不順
≫内的美容に疲労回復点滴とプラセンタを体験

プラセンタイオン導入で美白効果、保湿

プラセンタつぼ打ちで肩こり、腰痛解消  

美容医療でプラセンタというと、皮下注射や肩こり解消などのツボ打ち、ビタミンなどと共にカクテル点滴が主立っていましたが、直接顔に注射する、プラセンタ顔打ちなるものが人気を集めています。

顔打ちも昔から存在していた治療法ですが、最近クローズアップされている治療法のひとつ。

プラセンタ顔打ちで若返り、たるみ、シワ、くすみ、肌荒れ改善、美肌効果

その他)ニキビの改善、倦怠感の改善、頭痛、細胞の増殖再生、コラーゲンの生成促進、血行促進、抗酸化作用、抗炎症作用、アミノ酸の補給、組織代謝賦活、損傷皮膚の修復 メラニン色素生成抑制 表皮内の保湿 ホルモンバランスの調節、風邪予防など。 

抗アレルギー作用があることから、アトピー性皮膚炎にも効果的で、また肝臓疾患にも効果があり、これらの場合には保険が適応されることがあります。

冷え性の人にも効果的で、生理痛や生理不順の改善にも役立ちます。

とはいわれているものの、効果効能の感じたかは大きな個人差があるのも事実。
M+Bメンバーはプラセンタ注射も受けるので、私たちの体験をご参照ください。

プラセンタ注射継続の効果。プラセンタ注射を週1回を1か月継続してみた

最近アンナはプラセンタ注射からドリンクに切り替えました⇒体験レポート
うるおい女神プラセンタドリンク

アンナが飲んでるうるおい女神プラセンタドリンクの公式サイトへ

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)