サリチル酸マクロゴールの効能×効果

サリチル酸マクロゴールは、トラブルが少ないことが特徴のケミカルピーリングで、マクロピールとも呼ばれます。

ケミカルピーリングは、酸を使用して古い角質をピール(剥離、除去)するもので、どちらかというと肌の表面を溶かすような感覚で、肌の再生と新陳代謝の活性を促します

サリチル酸マクロゴールのピーリングは表皮と毛穴だけに剥離作用が働きます。また、サリチル酸マクロゴールが毛穴の中に入り込み皮脂の詰まりを取り除き、毛穴を引き締めます。この刺激は真皮層にまで伝わり、コラーゲンやエラスチンの増生が期待でき、毛穴のたるみの改善につながります。

サリチル酸マクロゴール以外にも、トリクロロ酢酸(TCA)、グリコール酸、乳酸のフルーツ酸(AHA)などなど、実にいろいろな種類のピーリング剤を用いたケミカルピーリングの治療が存在していますが、

サリチル酸マクロゴールを用いたケミカルピーリングは今までのとはちょっと違います。

もともとサリチル酸(BHA)を用いたケミカルピーリングもありましたが、エタノールを溶解剤としていたため、なにしろ痛みをともない炎症や赤みがひどく血液吸収による中毒の危険性をともなうものでした。

またAHA、TCAピーリングも同じく刺激症状が出て皮がぼろぼろ剥けるといったトラブルが多く見られました。

サリチル酸マクロゴールはサリチル酸をマクロゴールという基材で溶解し、皮膚深部への酸の浸透と中毒の危険性を防ぎ、ピーリング剤を角質層のみに反応させることができるようまりました。角質層以外の細胞を傷つけないので、安全性が増したケミカルピーリング治療ができるようになったのです。

ちなみに、ピーリングの薬剤が毛穴の中まで入り込んで均一に角質を除去できるのはサリチル酸マクロゴールによるケミカルピーリングでしか得られない効果です。
また、サリチル酸マクロゴールは特徴としてBHA(サリチル酸)による美白効果をもたらします。

サリチル酸マクロゴールでのケミカルピーリングはイオン導入や、アクシダームとの併用治療でさらなる効果が期待できます。

サリチル酸マクロゴールでできる治療


毛穴の改善、角栓除去、キメ、くすみ、ニキビ肌
浅い層にあるシミなら数回治療を重ねれば、改善の余地あり。

大人にきびを治療してニキビができにくい肌になりたい

にきびの治療は困難を極めます。治療するだけではなく、治った後にできにくい肌を保つこともとても大事。最新の美容医療を誇るミッドタウンのクリニック、ノアージュで表皮ピーリング作用のある超音波クレンジングとケミカルピーリングなどを用いた1ヶ月集中型のにきび治療が受けられます。

自己療法と美容医療との違い

毛穴対策の化粧品、毛穴の角栓のケアは、色々な種類をトライしている人が多いとおもいます。ピーリング化粧品も今では質の良いものも出ていて、種類もけっこうあります。自宅での正しいケアと同時に美容医療で治療することにより、その効果は倍増します。

サリチル酸マクロゴールの治療のダウンタイム

ひりひり感や赤み。赤みは数日おさまらない場合もあります。

デキモノやニキビがかさぶたになりますが、むりやり剥がしてはいけません。

また好転反応によるニキビの増大が起こる人もいますが一時的なものです。多少のがまんは必要ですが、気になる場合は必ずドクターの診察を受けましょう。

美白効果のある美容液、酸が含まれたコスメは使用しないこと。

肌がデリケートになるため、保湿とUVケアは必須です。

サリチル酸マクロゴールでの治療のメリット&デメリット

ケミカルピーリングというと、ケミカルという言葉からか、強烈な印象を受けがちですが、サリチル酸マクロゴールは肌が弱い人でも治療が可能です。

しかし、肌質や肌の状態により、ケミカルピーリングで肌荒れを起こし、効果が全く得られないなんてときもあります。

前日の剃毛やフェイスパックをさける、治療前1ヶ月間は日焼けを避けるなど、事前の注意も必要ですが、逆効果になるってことを見極めてくれるドクターに出会うことを祈るばかりです。

サリチル酸マクロゴールは高濃度での使用が可能で、強力な角質溶解と角質除去作用を持っているため、通院が必要なケースでも、月1回でその効果をえられます。

マクロピール治療直後のメイクアップは控えたほうが良く、1週間はあかすりやフェイスパック、パーマ、カラーリングなど刺激となることを避け、1ヶ月間は日焼けを避けるなど、注意すべき点がけっこうあるので、同じく毛穴改善に有効な、レーザーによるピーリング治療と比較してもよいかもしれません。

マックスピール

サリチル酸マクロゴールの副作用

刺激や効果があまり強く出すぎると腫れや水ぶくれになり、色素沈着します。ということは治療によってシミができてしまうということです。

ダウンタイムとそうでないものの見極めをしっかりして、おかしいと思ったらすぐにクリニックへ問い合わせるのがポイントです。

色素沈着したものは治療しないと治りません。

ちなみにサリチル酸マクロゴールだけに言えたことではありませんが、酸が目にがっつり入った場合は失明の危険性があります。

まれですが、感染症の症状が出ることもあります。マクロピールでの治療後は肌を清潔に保ち、充分なお手入れが必要です。

アスピリンにアレルギーのある人はサリチル酸マクロゴールでの治療はできません。

サリチル酸マクロゴールの料金

顔全体 ¥10,500〜12,600/1回

効果を確実に得るには、月1回のペースで4回〜5回の治療が推奨されています。

ちなみに、サリチル酸マクロゴールでのケミカルピーリング治療でコラーゲン新生を得るには、最低でも3回の治療が必要ということです。

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)