パールフラクショナル(キュテラ社のフラクショナルレーザー)

肌再生レーザーのパールの技術を進化させて開発されたのが、
パール・フラクショナル。

パールに「フラクショナルテクノロジー」をドッキングさせて、皮膚の深いところへ高いエネルギーを安全に届けて肌の入れ替えを可能にしたのがパールフラクショナルです。

もうわけわかんない。。。って感じですが、フラクショナルテクノロジーを搭載しているレーザーは、メーカー問わず、メーカーによるその機器の作用の違い問わず、とりあえず「フラクショナルレーザー」にジャンルされます。

そして、レーザーを皮膚に点状照射する(=フラクショナルテクノロジー及びフラクショナル技術)ことで、照射される部分と正常な皮膚の部分を混在させ、レーザー治療なのにも関わらず正常な皮膚を多く残すことで「肌の入れ替え」についてより高い効果を実現したのが、フラクショナルレーザーと呼ばれるものです。

タイタンや、ジェネシス、フォトブライト治療ができるライムライトアキュティップ(アキュチップ)を開発しているアメリカのCUTERA製の最新のフラクショナルレーザー=パールフラクショナルというわけです。

≫フラクショナルレーザーについて

パールフラクショナルをはじめとして、フラクショナルレーザーは、今までに無い効果で、最新の肌若返り治療として特にドクターから大変な注目を集めており、老化した皮膚を全く新しい皮膚に入れ替え、キメの細かい若々しい肌に再生し、肌の引き締め効果・しわ・にきび跡を目立たなくする効果が期待できます。

パールフラクショナル照射イメージ

パールフラクショナルを照射して穴が開いたようになった部分は、1 週間ほどかけてまったく新しい肌に入れ替わっていきます。点状にレーザーを照射するので、レーザーを照射していない肌(傷ついていない肌)が照射と同時に多く残るわけなんですが(右の画像参照)、それによりダウンタイムが最小限となったことも特徴のひとつ。

クレーター状のにきび痕、シワの原因である老化してしまった肌を取り除き、健康な肌状態を取り戻すことで、すべすべでハリのある肌に生まれ変わります。

また、レーザーの熱による刺激で、コラーゲンの増加と入れ替えが起こります。肌の表面だけでなく、皮膚の奥深くにもパールフラクショナルの作用がしっかりと及びます。

パールがサーマル・ピーリングによる肌再生レーザーと言われるのに対して、パール・フラクショナルは、サーマル・スキンリニューアルと言われるもので、トータル・スキンエクスチェンジが可能とされています。

ちなみに、しわ治療およびスキンリサーフェシングとして、FDAでの承認を取得済み。世界一厳しい機関からしわ治療用として承認を受けているというのが凄い。

そして、実はパールとパールフラクショナルはセレブご愛用のレーザーなのです。ダウンタイムが長かろうが短かろうがあんまり関係ない彼女達に絶大な支持を得ている最新美容医療として、その地位を築きつつあります。また、美容医療上級者がその効果に太鼓判をおすコメントをよく見かけます。

「パールフラクショナル」と他メーカーのフラクショナルレーザーの違い

パールフラクショナルは蒸散と凝固という作用を持っています。他のフラクショナルレーザーと比べてもこの2つのバランスが大変優れているもの。

パールフラクショナルでできる治療


しわ、 シミ、くすみ、 にきび痕(あと)、瘢痕(はんこん)肌質改善。

老化した皮膚を若々しい肌に再生し、肌の引き締め効果、しわ、にきび痕の減少が期待できる治療ですが、効果の出方は、照射出力や回数で個人差があり「キメは細かくなったが、しわは良くならなかった」など、結果に差が出ることがあります。

にきび跡?痕?What's 瘢痕(はんこん)?

実際は「痕」を用いるのが正しいのですが、一般的に浸透しているのが「跡」のほうです。間違えていようが、正しいほうを使っていようが、たいした問題にはなりませんが、正しいのが「痕」ということを知っておくのも良いでしょう。

瘢痕(はんこん)とは、色々な理由でできた傷あとを総称したもので、にきび痕が悪化して瘢痕になる場合もあり、瘢痕化したにきび痕はもはやにきび痕ではなく、瘢痕となります。

自己療法と美容医療との違い

皮膚の奥、真皮層に原因がある、シミのようなにきび跡や深いしわは日々のスキンケアで「治療」はできません。「治療」が必要な肌の老化現象を解決できるのが、新しいレーザーのパールやフラクショナルレーザーであることは間違いありません。

パールフラクショナルの治療のダウンタイム

照射による、点状出血がまれに起こります。

軽く火傷をしたような感じのひりひり感、熱感が1〜2日続く場合があります。このような熱感や出血や痛みが尋常じゃない場合は必ずクリニックへ連絡すること。

赤みが出るので充分な冷却が必要。この赤みは2〜3日続きます。2〜3日は肌が赤く、ごわごわすると思っておきましょう。点状照射されるので、点状のかさぶたとなって、1週間ほどで剥がれおちます。

というわけで、すべてのダウンタイムを通り越すのに、約1週間はかかることを考慮しスケジューリングしなければならないということです。

1週間の間は刺激が強い洗顔料やスキンケアは避けたほうが良いでしょう。恐らく、クリニックから保湿・鎮静用の外用薬(軟膏やクリーム)が処方されます。ドクターの指示を守って塗布しましょう。

パールフラクショナル治療のメリット&デメリット

麻酔が必要な治療です。麻酔クリームを用いるので、麻酔が効くまで30分から1時間を要します。よって、時間に余裕をもって予約を取りましょう。

お化粧は4〜5日控えなくてはなりません。

パールフラクショナルの副作用

炎症後色素沈着や過度な反応による火傷。この副作用が出た場合100%治らないものではないので、それなりの治療をすれば改善しますが、発症した場合治るまでに数ヶ月を要します。

火傷はどうにもこうにも、自己予防できるものではありませんが、色素沈着の可能性を少しでも下げるためには日焼けをしないこと、外出しないときでも日焼け止めを塗る、紫外線対策をする、保湿を徹底する、かさぶたを無理矢理はがさない、強くこすらない、掻いたりしないなどの注意が必要です。

アトピー体質の場合はパールでの治療を受けられない場合があるので必ず事前に申告をしましょう。ケロイド体質、極端に肌が弱く、年がら年中肌荒れをしている、照射部位に皮膚疾患が見られる場合も同様です。

「ま、いっか、べつに大丈夫でしょ。」という安易な自己判断により、とんでもない結果を招いた症例もあります。気になることはどんな小さいことでも必ず事前にドクターへ相談することが重要です。

パールフラクショナルの料金

顔全体 ¥100,000〜200,000

約3〜4週間おきに、2回が推奨1クールです。両頬10万円前後、鼻毛穴治療は6万円前後。

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)