自分に合ったにんにく注射・点滴を受ける

多くのクリニックではニンニク注射だけでなく、プラセンタ注射などを組み合わせることによってオリジナルの点滴をお願いすることもできます。アンナが銀座AACクリニックで受けた疲労回復点滴のように組み合わせて点滴を受けることで各栄養素の複合的効果、相乗効果も期待できます。

その時にビタミンB1以外に配合されている成分を知っておくとより自分に適したものがお願いできます。
こういった追加のオプションなどは本来クリニックでカウンセリング時にドクターがカスタマイズしてくれることも多いのですが何が配合されているとより調子が良いなどを自覚するためにも知っておきましょう。

ビタミンB2(リボフラビン)
皮膚の粘膜や身体全体に及ぶ健康の維持に欠かせないビタミンの1種。不足すると口内炎や皮膚炎の原因となります。特に眼精疲労に役立つもの。脂溶性のビタミンAも同様のはたらきをします。

ビタミンB5(パントテン酸)
抗ストレス作用、免疫力UP、ビタミンB5が不足すると体調不良や不眠の原因となり、貧血症状が現れ無気力感をもよおす場合があります。

ビタミンB6(ピリドキシン)
神経系統に関与するビタミン。精神の安定を求めるときや食欲不振の場合にも良いとされます。

ビタミンB12(コバラミン)
肩こりや腰痛の改善に役立つ、抹消神経修復機能のUPが期待できます。

グリコーゲン
細胞のエネルギー源を蓄える機能を持ち、蓄えておいたエネルギーを必要なときに放出できる力も持つ。
カキ、ほたて、うにに含まれる栄養素。

グルタチオン
肝機能力をUPする医薬品。細胞内の抗酸化成分で、毒素を細胞外に排出して細胞を守るちからを持つもの。

≫細胞を復活させる抗酸化ビタミン

いろいろオプションを増やすと必然的に注射ではなく点滴での注入になるので、時間なども考えてオプションを付け足しましょう。注射だと1〜2分で終わりますが、点滴だと20〜30分ほどかかります。

にんにく注射でできる治療

慢性疲労、だるさ、肉体的疲労、筋肉疲労、全身倦怠感、皮膚疾病、滋養強壮

眼精疲労、食欲不振、肩こり、腰痛の改善、風邪予防・風邪の改善、夏バテの解消

にんにく注射に副作用ってある?

高濃度のビタミンB1を血液に直接入れることに副作用はありません。

そして、にんにく注射の主成分であるビタミンB類は水溶性で、万が一過剰摂取した場合でも尿で体外に排出されるので副作用がありません

また、クリニックで行う注射ですから1日の摂取上限をふまえた配合となっているので安心です。

ただし、ビタミンB6だけは大量摂取や長期に及ぶ過剰摂取で感覚神経に異常をきたす副作用の報告がされているので注意しましょう。1日の上限摂取量は60mg。

にんにく注射は高濃度ビタミンC点滴やキレーションのように事前に検査をする必要もなく、プラセンタのように長い説明を受けて同意書を書く必要も無く、サクッと打ってくれます。

わたしは体質的にアルコールに弱いので、注射前のアルコール消毒で肌が赤くなります。注射したところが赤くなった場合は、だいたいがアルコールに反応した結果と思われ、ある程度の時間が経過すればおさまります。

にんにく注射の料金

¥2,000〜10,000/1回

にんにく点滴の場合5,000円〜2万円。

配合成分により、料金がUPしてにんにく2倍(ビタミンB1を2倍にして配合)とか強力にんにく、メガにんにくなんて名称で、ビタミンの種類が多く配合されていたり、他の成分が混合されてカクテル注射というものに変貌してゆきます。

今回、銀座イーストクリニックで受けたにんにく注射の料金は3,150円(税込)でした。
成分:ビタミンB1、グリコーゲン、ビタミンC

2,000円から3,000円台のにんにく注射は基本的な成分のみ配合されているものと捉えましょう。

1万円とかになると、ビタミンB1,B2,B5,B6,B12,ビタミンC 全部入りみたいな状態です。
(クリニックによって配合成分も料金も違うので確認してください。)

ビタミンの種類や量が多くなると注射ではなく点滴で摂取することになり、にんにく点滴ともよばれますが、総合ビタミン点滴など、名称が変わってきます。ビタミン以外に、プラセンタをいっしょに配合する点滴もよくみられ、肝機能力をUPするグルタチオンが配合された点滴もあります。

内容成分を把握していれば、注射や点滴の名称がクリニックによって変わっても、自分の必要とする注射(点滴)が受けられて、効率の良いパワーチャージとなるでしょう。

なんとなく疲れが取れない、忙しくて休んでる暇もない。
そんな時はニンニク注射!と覚えておくといざという時に役に立つかも。
風邪の引き始めなどににんにく注射を打つと風邪をひかずに済んだり、治ったりすることもあるようで最近はサラリーマンにもかなり人気。

ちなみにアンナが受けているニンニク注射は1回300円という格安料金、婦人科のクリニックで月に3回までなら300円で受けれるという手軽さから、婦人科に用事があるときは必ずついでに受けてる様子。

婦人科や皮膚科のクリニックではたまにプラセンタ注射やニンニク注射が格安で受けられるところもあるから美容クリニック以外でもチェックしてみるといいですね。

<<Back 12Next>>

関連記事

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)