ニキビとホルモン、ニキビのできる原因を考えてみよう

化膿したニキビ

化膿した大きなニキビはつぶしちゃダメ?

30代にもなるとにきびというか吹き出物とも言われる憎きものに変わる大人のニキビ。

ニキビは思春期のころに顔全体に出てしまう人、日頃の癖や体調の悪いとき、雑菌でできてしまう人と原因は本当に人それぞれ。

にきびが顔全体にできてしまって治らない友達の話を聞くと、彼女の場合、不規則な生活と強いストレスが原因のようです。

ニキビに悩むほとんどの人は、間違ったケアで跡を残し、治療せずに色素沈着させたり、改善しにくい状態に自らを追い込んでいってしまうことも。

にきびは皮膚の病気といっても過言ではないでしょう。

にきびができてしまう要因は様々ですが、ホルモンが関係している場合がかなりの勢いでクローズアップされます。また年齢によってもにきびの要因は変わってきます。

環境の変化や自覚のないストレスでホルモンバランスが乱れることがニキビの原因となっていたりします。睡眠不足や疲労の蓄積もその原因のひとつです。

また、子宮内膜症などの女性特有の病気の手術をきっかけにホルモンバランスが崩れニキビができやすくなることも。 そういったホルモンの影響が強い原因の場合、クリニックで低用量ピルでホルモンバランスを整えることもあります。

ホルモンは感情にも影響されることが多く、感情のコントロールは安定したホルモンの分泌につながり、皮脂の分泌量も低下し、ニキビの予防につながります。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、肌本来の機能がうまく働かず、不要な角質が落ちていかなくります。
皮脂腺の出口が塞がって、白ニキビとなり、アクネ菌が繁殖し、赤い炎症性のニキビに変化(悪化)していきます。

そして炎症を起こした赤いニキビを放置すると、さら深刻な化膿した黄ニキビ、行く末はにきび跡と、悪化の一途をたどってゆくのです。

ホルモン以外のニキビの出る箇所別の原因

部位別 原因
おでこ 髪の毛による汚れや刺激、女性ホルモンの低下
目のまわり ストレス、自律神経失調症
口まわり 冷え、カルシウム・ビタミンB2、B6不足、胃腸障害、ホルモンバランスの乱れ
便秘、顔ダニ、肝機能障害

一般的に以上の原因が挙げられます。

さらに、肌の機能を狂わせる成分を持つ一部の界面活性剤などが原因とも言われます。
あと、意外と多いのが本人の気づかない癖。ほっぺたをやたら触ったり、髪が顔にチクチク刺さるような人はそういった部分にニキビが頻出していることも。雑菌が原因のニキビはそういった癖を自覚し、肌を触る癖をなくせば改善することも。

あとはストレスフリーな生活を心がけ、ホルモンバランスを整え、生活改善とともにメンタル改善と正しい治療がニキビを改善する近道です。できてしまったニキビやニキビ跡は美容医療で改善することは可能ですが、ニキビを新たに作らないようにするには、人それぞれのにきびのできる原因の究明と改善も大事です。

皮膚科やクリニックにて何が原因のニキビであるのか?しっかりと診察を受けてドクターの判断で治療に臨むことで長年のニキビの悩みから解放されることも。場合によっては外的な治療以外に塗り薬の処方やサプリメント、飲み薬を処方してくれます。

あなたのニキビはどんな種類のもの?

にきびは、尋常性ざそう性といって、以下がその症状です。
ニキビの種類によってはスキンケアの改善で治るものもあります。

閉鎖面皰(白にきび・クローズドコメド)
洗顔やスキンケアの怠りが主な原因とされ、皮脂の分泌が増加して毛穴の中(皮脂の通り道)や毛穴付近の角質層が厚くなり、皮脂が排出されなくなって毛穴が塞がります。毛穴が閉鎖して脂が外に出られなくなっているので空気に触れずに酸化しないため、白く見えます。顔を触る癖のある人はこのタイプのニキビが多いです。

開放面皰(黒にきび・オープンコメド)
ストレスが原因で皮脂の分泌が多くなることが原因。毛穴部分で皮脂が空気に触れて酸化し黒く見える。ちなみに、ここでいう「酸化」は「腐敗している」ということです。自分の皮膚上で腐敗が起こっているのです。信じがたいけれども事実です。病気の治療のために使ったステロイド投与の副作用でできることもあります。

毛嚢炎(毛包炎)
毛を抜くなどのムダ毛の自己処理やダイオードレーザー脱毛を受けた後に起こりやすいニキビの1種。ひとつの毛包(毛穴の奥で毛根を包んでいるところ)にブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気。黄色ブドウ球菌、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(主に表皮ブドウ球菌)、あるいは両方が同時に感染する場合があります。毛包部にごく軽い傷がついた時、皮膚の湿った状態が長く続いた場合、あるいは、副腎皮質ステロイド薬を塗っている場合などが誘因となります。

脂漏性皮膚
開毛孔(毛穴の中で皮脂が酸化し、毛穴全体が開いて赤くなっている状態。または脂性で毛穴が開いている状態。)から悪化して毛穴が硬化し毛穴の中の脂の芯が出にくくなって酸化。

紅色丘疹
毛穴の中(皮脂の通り道)にアクネ菌が増殖して毛穴が炎症を起こし赤くなった状態。悪化して膿がたまり、膿疱、膿腫、または色素沈着さらには瘢痕、クレーター、硬結(しこり)、ケロイドとなっていく。

ニキビやニキビ跡の治療法

にきびの治療はニキビの原因となっている根本を把握して適切な治療をするのがベスト。できてしまったニキビを治すのは簡単ですが、治してもなおしてもニキビができてはしかたありません。

できれば、もうニキビができないように、ニキビのできにくい肌への改善を提案してくれる皮膚科やクリニックで治療していきたいもの。またクレーター状になってしまったニキビ跡も美容医療での改善が可能。まずは皮膚科や美容皮膚科、クリニックでのカウンセリングを受け、適切な治療を受けましょう。

皮膚科の治療では飲み薬としてシナール(ビタミンC)やハイボン(ビタミンB2)などが処方されたり、塗り薬、ピーリング効果のある石鹸が処方されたりします。

ニキビ跡は放っておくと陥没したり、シミになってしまうことがあるので早めの治療がお勧め。
シミに関しての治療はダウンタイムもさほど長くないですが、凹みに関しての治療はダウンタイムの長く、痛い治療です。(もちろん表皮麻酔などはしますが、麻酔が切れてからヒリヒリしたりと痛みが1〜2日は継続します)凹みの深さや範囲の広さにもよりますが、複数回の治療になるのでダウンタイム中のスケジュール調整が必要

ちなみにニキビができやすくなったり、数が多くなったら、悩まずクリニックでお薬をもらったりすることは芸能人やタレントでは当たり前のことみたいです。タレントの沙栄子もにきびができたら、タカミクリニックに駆け込んでるんだとか。

M+Bのメンバーの友達のタレントさんも事務所が契約しているシロノクリニックにトラブルがあると駆け込んでいました。ちなみに支払いは事務所もちだったんだとか。

悩み別でわかる美容医療

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)