韓国製フラクショナルレーザー、モザイク


MOSAIC HP

韓国のLutronic (ルートロニック)というメーカーから出ているフラクショナルテクノロジーを搭載したフラクショナルレーザーの1種で、モザイクは機器名であり、治療名です。

モザイクという治療名でも「モザイクHP」という最新の機器での治療が開始されています。旧種の機器名は「モザイク」です。

Lutronic は、マックスピールの治療を行うSPECTRA VRMと、CO2フラクショナルレーザーのeCO2(エコツー)を開発しているメーカーです。

モザイクは、開発したメーカーが韓国ということで、日本人と同じアジア人の皮膚データが元となり開発されていることが最大の特徴となります。モザイク以外のフラクショナルレーザーが欧米人を対象としていることを考えると大変なメリットです。

さらに他のフラクショナルレーザーとのあきらかな違いは、2つのマイクロレーザービームを併せ持ち、その使い分けと併用が可能だということです。

Nomal Mode(ノーマルモード)
狭い範囲で真皮層の深部に光を届かせて、にきび跡や傷跡、深く刻まれたしわに有効なもの

Thermal Mode(サーマルモード)
広い範囲に作用し、真皮層の浅い部分までその効果を発揮することができ、毛穴に対して有効なものでリフトアップの効果も期待できます。

しかし、同じフラクショナルレーザーのフラクセルUもジュールによってレーザーの深達度をコントロールすることが可能なので、これについては物凄い違いと言えるかどうかは微妙なところです。

そして、照射モードのひとつ、Dynamic Modeと呼ばれるムラのない均一な連続照射を可能とし、この照射法はルートロニックが特許を取得しているものです。

モザイクは肌の表面を削らずに皮膚の中に熱損傷を与えて細胞を新生するもので、レーザーピーリング効果もあります。ケミカルピーリングは肌の表面を溶かす感覚ですが、モザイクでのレーザーピーリング効果は肌の中に穴をあけて再生させることができ、内側からのくすみ改善と美白効果が強烈にあります。

水分に吸収される波長を持つEr:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)を用いており、フラクショナルレーザーはロールチップが採用され、ハンドピースを滑らせながら照射をします。

モザイクでできる治療


にきび跡、クレーター、皮膚の凸凹、毛穴の開き、ハリ、肌理(きめ)、弾力の改善、くすみの改善(美白効果)。
比較的ハードな治療のため、傷痕などの改善にも使用されます。その他に首のシワ、デコルテのシワ、妊娠線・ストレッチマークの改善に。

モザイクの治療のダウンタイム

肌を入れ替える治療の中でもダウンタイムは短いほうで、治療直後の赤みが大変目立ちますが、1時間くらいで半分以上の赤みが自然にひいていきます。

人によっては赤みが数日続くことがありますが、メイクで目立たなくなる程度です。

モザイク治療のメリット&デメリット

  • 肌の入替え、肌質改善が可能
  • 割とハードな治療でも痛みは麻酔で軽減
  • アジア人向けのフラクショナルレーザー
  • ダウンタイム時に肌の剥離有り
  • 表皮麻酔が必要
  • ヒリヒリした状態が1日は続く

再生のちからは確実なものでダウンタイムがとにかく短いこと、開発が韓国という同じアジア圏であるということ。

痛みを強く感じるので表皮麻酔が必要となります。麻酔は、麻酔クリームというものを塗りますが、麻酔が効くまで20分〜30分待たなければなりません。

モザイクの副作用

モザイクの照射による火傷の確立が0%とはいえません。実際照射後は日焼けのあとのようなひりひり感があり。やけどしている状態のようなものですが、ヒリヒリ感は強い日焼け程度のものです。

また皮膚の入れ替わりの際は皮膚が薄くダメージを受けやすいため炎症後色素沈着を起こす可能性が低くないので、紫外線対策に神経を使うことを余儀なくされます。「紫外線に当たったら色素沈着する」と、思い込むくらいの勢いで紫外線対策をしたほうが自分のため、と、言えるでしょう。

しかし、紫外線対策をして過ごしていても体質によって色素沈着になりやすい人がいるようで、症状が出てしまった場合はクリニックに相談して、ビタミンCや、ピーリング石けんでのホームケアから始めて、治療をしていかなければなりません。

UVクリームはできればSPF値は30以上、PA値が++以上のものを使うこと。

そして、同じくらい必要なことが保湿です。これは治療後自分で肌が異常に乾燥していると感じることから必然的に行うことになると思います。ローションとクリームでの保湿ケアはしっかりと。

モザイクの料金・1回あたりの費用

顔全体 ¥30,000〜50,000/1回

1ヶ月に1回の間隔で3回〜5回が推奨1クール。
治療対象によっては2〜3週間に1回、2ヶ月に1回で良いとされる場合もあります。

また1回の治療で肌の5分の1が入れ替わる原理であることから、肌全体の入れ替えを希望する場合は5回〜6回の治療がおすすめとなっています。イオン導入などのアフターケアのある場合は料金がさらにプラスされますが、炎症を抑えヒリヒリ感を抑えるためにもアフターケアはやっておいた方がいいです。クリニックによってはアフターケアが全くない場合がありますが、ヒリヒリするので鎮静効果のあるローションパックなどでケアしてあげましょう。

関連記事
はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)