肝斑治療に適したレーザー、メドライトC6

肝斑(かんぱん)に大変効果があり、しみやくすみ、毛穴の開きにも有効な治療を行えるのが、メドライトC6です。

メドライトC6の原理はQスイッチNd:YAGレーザー。
元々しみ専用に開発されたQスイッチモードが備わったレーザーです。

メドライトC6とは、機械名であり、治療名でもあります。

メドライトC6を治療名とせず、肝斑レーザートーニングとか、肝斑レーザーという治療名でメドライトC6を用いているクリニックもあれば、ただのレーザートーニングという治療名でメドライトC6を用いているクリニックもあったりと、ちょっとわかりにくいのですが。

メドライトC6を用いていれば、どんな治療名にせよ、肝斑の治療が可能です。

そして、レーザートーニングとは、レーザーで肌を正常な状態に整える的な意味合いを持ち、厳密にはQスイッチNd:YAGレーザーの1,064nmという波長を用いて、低出力で、スポットサイズが大きい照射ができ、特別なレーザー光の形を出せるという、肝斑が改善する環境が全て整っているメドライトC6で行う肝斑治療のことを指します。

しかし、レーザートーニングという治療名でも、メドライトC6ではない機械でのレーザートーニングを行うこともあります。エコ2やモザイクで有名なルートロニックというメーカーが開発し、マックスピールという治療で主に使われている、同じQスイッチNd:YAGレーザーのSPECTRA VRMVという機械を用いてレーザートーニングを行っているクリニックなどがあります。

とはいえ、ルートロニックからも、SPECTRA VRMVを用いてのレーザートーニングを公式にコマーシャルしているので、メドライトC6と同じ作用があり、肝斑に効果がある治療が行えるものととらえても良いかもしれません。用は製作元のメーカーが違うのですがとても似た治療です。

ちなみにメドライトC6は、肝斑に対して大変優れた治療能力を持つものとドクターからも評価が高い美容医療です。

メドライトC6でできる治療

肝斑(かんぱん)、人性色素斑(しみ)、炎症性色素沈着、そばかす、美白効果、脱毛および脱色効果、肌質改善、にきび跡

肝斑は併用治療で改善へ向かうというのが常識となっていますので、レーザーだけ、薬だけという単体治療では思うような効果が出なかったりすることが多いようです。

メドライトC6での肝斑治療の場合も内服薬や外用薬を処方されたり、症状によってはアクシダームイオン導入、ピーリングとの併用治療を勧められる場合があります。

メドライトC6の治療のダウンタイム

まれに、照射による点状出血が起こることがありますが、1週間でおさまります。

赤みが出ますが数時間程度。2〜3日は刺激のある化粧品は避けましょう。

メドライトC6での治療のメリット&デメリット

  • ダウンタイムはなく、すぐに化粧可能
  • 産毛が焼けるので目立たなくなる
  • 施術時に多少の痛みはあり
  • 直後はヒリヒリする

照射スポットが小さいので照射ムラなどの心配があります。全顔のトーニングでは照射漏れがないように丁寧に施術をしてもらえるか?も大事なポイントです。シミの治療では広範囲にシミがある場合はフォトシルクでの治療とどちらがいいか検討してみるのが無難。

メドライトC6の副作用

蕁麻疹(じんましん)、まれにかゆみが出るがたいてい1日程度で収まる。

メドライトC6の料金

顔全体 ¥15,000〜30,000/1回

週1回、5回以上10回程度が1クール。肝斑は継続治療を行わないと完治しません。

肝斑部分のみ(両頬) 10,500円〜21,000円

肝斑の治療の場合、メドライトC6での治療とともに、内服薬および外用薬が処方されることがほとんどですので、処方箋が別途請求されることも考えておいたほうが良いでしょう。

肝斑コースなどとして、完治するまで、レーザーやら処方箋やら全てを含むという費用設定をしているクリニックも多くあります。その場合は追加料金はかからないはずですが、かなり高額。

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)