ライムライトの効能×ライムライトの効果

美容医療ライムライト,画像,写真

日本人の肌サイエンスをベースとして、最先端技術を駆使して誕生した「フォトブライト」という光治療のハンドピースがライムライト。

紫外線の影響や、日々のエイジング現象により、シミが現れるなどして肌は変化していきます。フォトブライト治療でシミやくすみ、肌質の改善という美肌治療が可能です。

フォトフェイシャルと同じく、様々な効果をもたらし、肌に対してマイルドなIPLを用いて治療を行います。

ライムライトの光は、表皮と真皮に作用します。
表皮層では、ターンオーバーの正常化を促しキメを改善、色素の濃い部分に反応してメラニンを分解し、滞っているメラニンを排出して、くすみの改善をします。

真皮層の線維芽細胞、真皮コラーゲンへ熱作用がはたらくことから、コラーゲンが増生してハリがよみがえり毛穴を改善して、肌質が向上します。

設定のバリエーションが豊富で、これまでのIPLを用いた光治療で改善されにくかった「病変」にも効果を発揮します。

また、照射の痛みが軽減され、痛みに弱く光治療を断念した人でも「ライムライトなら大丈夫」といわれています。

「フォトブライト治療」とは

新機能ヘッド(ライムライト、アキュチップ)を用いて多様なトラブルを改善できる、IPL治療のことを言います。

ライムライト、アキュチップ搭載美容機器(Solera Opus、XEO)開発元のCUTERAというメーカーが提唱している治療法です。

Solera Opus、XEOにはライムライトとアキュチップが搭載されていて、ライムライトはフォトブライト治療の肌全体用のハンドピース。アキュチップはフォトブライト治療のスポット用ハンドピースです。

XEOは他にタイタンジェネシスパールパールフラクショナルロングパルスNd:YAGレーザーも搭載している最新鋭のマルチプラットフォームです。
プラットフォームとは、パソコンでいうところのハードウェアのこと。ハードウェアにソフトをインストールしてエクセルやワードの使用が可能なように、タイタンやジェネシス、パールはパソコンでいうソフトにあたいします。

ライムライトでできる治療


ライムライトの低温度療法で、肝斑、しみ、ソバカス、肌質改善、小じわ、毛穴の開き、ニキビ跡の赤み、赤ら顔、毛細血管拡張症。他)腕、手、背中、首にも照射可能です。

自己療法と美容医療との違い

シミをうすくしたい、肝斑を消したいと思ってしっかりケアしていても、改善するにはなかなか時間がかかります。さらに衝撃的なことに、できてしまったしみには美白化粧品の効果はうすれるという見解が常識です。

美ST肝斑特集で、江口ともみの肝斑を消滅させたのは「ライムライト」

月1回(計3回)、ライムライトの低温度照射治療と、トラネキサム酸・ビタミンC の内服薬
そして、APPSとトラネキサム酸が配合された外用薬(クリーム)を併用し、約3ヵ月かけて肝斑を撃退

治療によって肝斑がうすくなったからといって、すぐに処方の内服薬や外用薬を中止すると再び出現する可能性があるんだとか。改善したあと、江口さんは内服薬を徐々に減らし、外用薬のクリームのみを使って再発を防いでいるのだそうです。

この治療にかかった総額は3ヵ月で約18万円弱
(3ヵ月経過後の内服薬と外用薬の費用は別にかかります。)

ちなみに江口ともみさんは美STORYで美容医療体験の連載ページをもっていて、つまみ枝豆という人の嫁。

ライムライトの治療のダウンタイム

赤み、ほてりが多少残る場合があります。この症状を長く感じる場合は冷却が必要となります。

また、ひきつり感を感じる症状がでることもありますが、短時間で済みます。

しみに反応した場合は、かさぶたとなって色が濃くなったように感じます。その後自然に剥がれてくるので、かさぶたを無理矢理剥がしたりしないように。必要以上にこすることも厳禁です。

ライムライトでできたかさぶたは、通常のメイクで隠れる程度です。

ライムライトでの治療のメリット&デメリット

ドクターも効果を絶賛する美容医療です。

なんといっても、日本人の肌サイエンスがベースとなっているわけですから、アジア系の肌質に最適な光治療。

色黒、色白、ブルーベース、イエローベースのあらゆる肌質に適応するちからを持っているライムライト。肌の色に関係なく治療が可能なので色黒で光治療の効果を存分に得られなかった人にもライムライトの光なら問題なく照射可能です。

光を照射することによる衝撃を感じますが、麻酔の必要はありません。

そして、しみに対しての即効性があることがライムライトの特徴といえます。シミの改善が早い段階で実感できます。

ライムライトの副作用

治療後は日焼けを避けましょう。「炎症後色素沈着」の発症や、治療したシミの再発につながります。
ライムライト治療後にレチノイン酸ハイドロキノンでのセルフスキンケアでしみ再発予防対策を。

ライムライト自体に副作用をもたらすちからはありません。

ライムライトの料金

顔全体 ¥30,000〜60,000/1回

2週間〜4週間間隔の3回から5回の治療が1クールとして推奨されています。
症状や個人のライムライト反応差により間隔や回数は前後します。

ライムライト、しみ
アキュチップ(アキュティップ)
フォトシルクプラス
日本で開発されたルビーレーザー
しみの種類と治療法
美白効果もあると言われるプラセンタ

 

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)