小ジワは放っておくと深いシワに?深刻なシワになる前のケアが大事

目じりのシワ写真,画像

笑った時の目の周りの小じわ

25歳〜30歳で気になってくるのは冬場の小じわ。

法令線の溝にファンデーションが埋まってしまい目立つようになってから気づく人。
笑ったときの目元のシワで気づく人も多いはず。

乾燥肌の人は特に小じわが目立ちます。

冬場は空気の乾燥が原因で肌も乾燥し、小じわを自覚し始める人も多いはず。
薄いシワは表皮の乾燥が原因であることが多いので、保湿ケアをしっかりすれば美容医療に頼らずとも改善できます。

ただし、この小ジワを放っておくと、表皮のみの乾燥ならず、その下の真皮にまで影響を及ぼし、深いシワになってしまいます。

小皺の原因は、第一に乾燥、その他に紫外線による真皮のコラーゲンの減少、ファンデーションなどの汚れをきっちり落とさなかったためによるもの、睡眠不足が上げられます。

笑った後の小じわが定着するようなら肌弾力も低下しています。

日頃のケアの見直しだけで改善することもありますが、見つけたら早めにケアすること、予防することが最も重要。小じわを深いシワ、大ジワにしないことが大事です。

まずは肌の表皮、角質層の保湿をしっかりすること。
UVケアをすること。ファンデーションはきちんと落とすこと。

基本ですが、こういった日頃のケアがどれだけできているかで肌の見た目年齢が変わるということはいうまでもありません。

小ジワは比較的改善しやすい?美容医療の初心者コース

小じわはシミと同じく目に見えて改善しやすい肌の悩み。
シワがなくなった!というのもシミと同じく目に見えやすいものだからです。

浅いシワは徹底した保湿ケアとUVケアだけでも十分改善しますし、クリニックの手を借りれば、その改善速度もUPします。

小ジワは光・レーザー系のトリートメントの1回でよくなる人もいますし、1回のピーリングで改善する人もいます。ホームケアだけで改善しないとおもったら早めにクリニックでのケアに切り替えてそれ以上シワを深くしないようにするのが得策です。

ちなみに、小じわができやすい目元は皮膚が薄いので一番最初にたるみが目立つ場所。
それに一番最初に老化が始まる場所でもあります。 目元の小じわはとにかく乾燥させないことが大事。

目元は瞬きなどでいちばん動かす場所なのに皮脂の分泌量が少ないため小じわができやすいのです。
アイクリームなどでとにかく乾燥させない!徹底ケアが必要です。

シワの治療法〜ソフトなら光・レーザー系、ハードなら注射系?

シワは小じわのうちは、光・高周波/レーザー系の治療や美肌成分導入系の治療でかなり改善されますが、たるみによるシワはたるみ治療のサーマクールや注入系のヒアルロン酸注射、再生医療の肌細胞注入などが効果的。

シワの代表格である法令線は注射系でボリュームを出してシワを目立たせないようにするという手もありますが浅いシワなら数回の光・レーザー系で気にならなくなることも。

軽い小じわにはダウンタイムがほぼない、フォトフェイシャルやフォトフェイシャルファーストなどの光系、タイタン+ジェネシスは肌弾力の低下が原因のシワに効果的。

光系やレーザー系治療の後にイオン導入やアクシダームでの美容成分導入をすることによって効果も倍増します。まずは気軽にできるダウンタイムの少ない治療がお勧めです。

また、額の小じわが複数目立ってきたらボトックス注射が有効。

眉間のシワも癖によってできることがあるので、ボトックス注射が有効です。

クリニックではその人のシワの状態を見て治療を提案してもらうことができます。ただし、シワ治療もいろんな機械や手段があり、メニューも豊富なので、ある程度自分で調べてしわの深さや肌の状態に合わせてドクターと相談して治療していきましょう。

シワ治療を選ぶときの注意点

シワの深さによって、クリニックで提案されるプランは違いますが、どの治療がどんなものか?
自分である程度の知識を入れておいてからカウンセリングを受けるのが無難。

乾燥による浅いシワなのか?たるみによるシワなのか?ももちろんのこと、どの部分で改善するか?
が治療内容によって違います。

ボトックスはシワをつくらせないように皮膚を動かなくさせることによってシワを見せなくします。
ヒアルロン酸注射はヒアルロン酸を肌に注入することによってしわによる凹みを平らにします。

フォトフェイシャルやフォトRFなどの光・高周波/レーザー系治療は肌の再生能力(繊維芽細胞を働かせる)を使用して肌の新陳代謝を高め、コラーゲンを増殖させて肌にハリを出し、シワを目立たなくさせます。これも機械によってダウンタイムも治療時の痛みも大きく違います。

再生医療は肌の繊維芽細胞を増やし、肌の細胞自体を元気にさせて長期的に新陳代謝を高めてくれます。

導入系は、肌に保湿成分をより効率よく深くまで浸透させてくれます。

それぞれに持続性や料金も違い、治療時の痛み、ダウンタイムも異なります。
何より肌にどういったアプローチをするか?が違います。
また、光系やレーザー系の持続性などは人によって肌との相性もあったりするので、1回で目に見えてよくなる人と、あまり効果を感じない人もいます。

浅いシワなのに肌の触診もせずにやたらと高い治療を進めてくるクリニックにはご用心。
またシワの治療後もいうまでもなくUVケアや保湿ケアは必須です。

悩み別でわかる美容医療

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)