美容医療の入門「 医療脱毛 」

クリニックで行われる医療脱毛は、美容医療の入門といわれています。

近年、脱毛はあたりまえに行われるようになり、クリニックで受ける治療の中でも一番わかりやすく、受けやすいものです。

クリニックでの医療脱毛は、単発(1回ごと)が基本なので、面倒な契約や勧誘はありません。しかし、脱毛において1回で毛がなくなるということはありえませんので、3回や5回、フリーパスを設定しているクリニックが多数あります。

このように、自分で回数を決められる自分の都合で通えることが医療脱毛のメリットのひとつです。

それ以外にも、いろいろなメリットがある医療脱毛ですが、エステと比べて費用が高額となります。

高くつくのか、安くあがるのかは個人の毛の状態や考え方にもよると思いますが、医療脱毛の細かい内容を知らずに単価だけで捉えると確実に高いと感じるでしょう。

医療脱毛の種類

医療脱毛にはいくつか種類があります。自分の毛の状態や肌の状態をみて、脱毛機種を選択することが望ましいでしょう。

医療脱毛の種類 原理 治療名及び機器名/メーカー名 効果・効能/メリット・デメリット
針脱毛 ・ブレンド法
高周波×電気分解法

・高周波法
-フラッシュ法
-マニュアル法

・電気分解法
小林式絶縁針脱毛法 プローブ(絶縁針)を毛穴に刺して電流を流し脱毛していくもの。
絶縁針とブレンド法を用いての治療が主体です。
厳密にはニードルと絶縁針は違うもの。ニードルはただの電子針で針が皮膚に接触すると、火傷や色素沈着の恐れがあります。
絶縁針とは皮膚に接触する部分を特殊コーティングし肌を痛めずに毛の組織のみに作用するよう作られたもの。

毛を作り出す毛乳頭と毛包を破壊して永久脱毛が可能。

肌に負担がかからないので、デリケートな部分の脱毛も可能で全身に対応。
レーザーが照射できない部位が針脱毛で可能な場合もあります。たとえば眉毛とか。
毛が3mm〜5mm前後、のびた状態で治療を受ける必要がある。

専用のハリはもちろん使い捨てのため、別途個人針代が必要。また血液検査も必須です。
レーザー脱毛 ロングパルスアレキサンドライトレーザー
波長755nm
・Gentle LASE
ジェントルレーズ
CANDERA
(キャンデラ社)

・LPIR
CYNOSURE
(サイノシュア社)
照射が非接触タイプ。毛根のメラニンに反応する熱エネルギーにより毛根を包んでいる毛包を燃焼し、毛包の毛を再生させる毛幹細胞ともども燃焼して脱毛。

うぶ毛、白毛、細い毛の脱毛ができない。
ダイオードレーザー
波長800nm
LIGHT SHEER
ライトシアー
LUMENIS
(ルミナス社)
照射口が四角いので、照射漏れや重複照射が少ない。
接触タイプの照射で、冷却によって冷やされたチップを皮膚に押し付けて照射するので深部にある毛根にもエネルギーが届きやすい。
ただし、皮膚への押し付けが弱く、圧迫不足で照射されると火傷する。骨の上あたりの照射が難しい。
普通〜硬毛の脱毛効果が高く、軟毛やうぶ毛にも対応できると言われています。
アレキサンドライトレーザーよりも最大パワーが大きい。
ロングパルスNd:YAGレーザー
波長1064nm
・Gentle YAG
ジェントルヤグ
CANDERA
(キャンデラ社)

・CoolGlaidシリーズ、XEO
CUTERA
(キュテラ社)
幅広い毛質に対応。特に太く深い毛根に優れた効果を発揮します。一度の照射で深い毛根にもダメージを与えることができるので比較的早く治療が終わるとの声も。

ロングパルスアレキサンドライト、ダイオードに比べてメラニンへの吸収が低い波長。
ロングパルスアレキサンドライト×ロングパルスYAGレーザーの複合レーザー機
755nm/1064nm
APOGEE ELITE
アポジーエリート
CYNOSURE
(サイノシュア社)
医療脱毛に適した2つの波長が搭載され、幅広い毛質に適応するマルチレーザーシステム。一度の照射で、複数の毛根を処理し、短時間で終わる。全身OK
医療用光脱毛
光(ブロードバンド) PPx 新しい波長を用いた光治療器の一種。
光(IPL) PRO WAVE
プロウェーブ
XEO、SoleraOpus
CUTERA
(キュテラ社)
肌の色に関係なく治療が受けられます。赤外線効果による熱処理で脱毛を行うもの。 照射面積が広く、少ない施術回数で永久脱毛を可能とした活気的な機械。脱毛に効果的といわれる波長のみを技術的に選択し、効果の高い3つの波長帯を出力することに成功したもの。
その他の複合機種 ダイオードレーザー
(810nm)
×高周波(RF)
コメット ダイオードレーザーと高周波のRFを併せ持つ新機種。ほとんどの肌質、毛質・毛の太さに対応し、全身から男性のひげやうぶ毛、白髪もOKで、肌の色に関係なく照射ができる。
密度が濃い部分の脱毛を初めて行う場合コメットは痛みが強いので、レーザーで太い毛を脱毛したあとの細い毛や残り毛を脱毛するのに適している。フォトRFよりも痛みが強い。
光(IPL)
×高周波(RF)
フォトRF
オーロラ、e-light、e-max
Syneron(シネロン)
女性の顔脱毛に最適。美肌効果もある。高周波RFによって光を深部にまで届けることが出来る。美肌&しみ治療に用いられる治療に使う機器の脱毛用のハンドピースを用いて治療を行う。ほぼ全身の脱毛に対応。RFは軟毛や白髪にも効果があり産毛や白髪の脱毛も可能とされています。痛みが強い。

脱毛の種類番外編

効果のある家庭用脱毛器も続々登場していて、いままでホームケアで本格的な脱毛なんて、機器類がしょぼすぎて決して叶うことではなかった常識が変えられつつあります。

元ルミナス社(フォトフェイシャル開発メーカー)の人が立ち上げたメーカーから発売されているもので、なんと、LIGHT SHEER を開発したチームが、その原理を用いて作った本格的家庭用脱毛器でありながら、コードレスで顔脱毛にも対応する、

TRIA
トリア

なんと、FDA認可済みのダイオードレーザーで、美容の最先端をいくNYのハイセンスなWホテル内にある、セレブご愛用スパが提供する美容アイテムのオンライン通販でベスト3に入る売れ行きなんだとか。

トリアについては、you tubeで脱毛中の動画もUPされていたりと、とても詳しく紹介しているトリア専門サイトがあるのでそちらをチェックしてみてください。

どれで脱毛するかを決める基準は?

クリニックにより導入している脱毛機器は様々ですので、自分が治療を希望する機器や機種を導入しているクリニックを探すか、医療脱毛の機器を数種導入しているクリニックを探して先生に機器を決めてもらうのも良いかもしれません。

また、医療脱毛の種類を見て、「エステと同じじゃない?」と、感じる物があるかもしれませんが、クリニックで行う医療脱毛に用いる機器は医療機関専用のものでエステには導入ができません。

パワーや安全性に違いがあり、FDAにおいて、永久減毛または永久脱毛できる機器と認可を受けているものです。

FDAというのは、日本でゆうところの厚生労働省の役割を担っている、Food and Drug Administration of the United States Department of Health and Human Service という機関で、米国食品医薬品局のことです。

なにしろ審査が尋常じゃない厳しさでFDAでの認可は世界が認可したに等しいとさえ言われます。そういった観念から、美容医療界ではFDA認可が重要視されています。

美肌効果のある光治療器+脱毛器で顔の医療脱毛

せっかくですから、美肌効果と脱毛効果が同時に得られる機器で、脱毛の中でも難しいとされる「顔(うぶげ)の医療脱毛」を体験することにしました。

そこで、フォトRFオーロラとPPxに着目しました。

フォトRFオーロラは、美肌効果が認められている光治療ですが、脱毛も可能で、フォトRF脱毛、フォトRFオーロラ脱毛、と呼ばれる光脱毛です。フォトは光、RFというのは高周波を意味し、オーロラは機械の名称です。

PPxは、新しい光治療器で、フォトRFと同様、美肌治療と脱毛を兼ね備えています。波長がブロードバンドという新しい光の種類を用いており、ほぼ無痛肌を吸引しながら光を照射するというのが特徴。

フォトRFもPPxも両方やりたいとおもったのですが、PPxはヒアルロン酸を注射している人は受けられないので、友人の協力を得て2人で一緒にクリニックへ行ってきました。

≫フォトRF脱毛@私のクリニック目白

<<Back 1 2 3 Next>>

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)