次世代型光治療I2PL エリプスフレックスPPT

エリプス社のI2PL+

I2PLは、フォトフェイシャルと同様のIPLを用いた最新の光治療器です。

IPL治療器の中で、その効果はフォトフェイシャルをも抜いてダントツと言われています。

I2PL は Intense Dual Pulsed Light の略で、「第2世代のフォトフェイシャル(IPL)」と
「DUAL」をもじってI2PLとしたと言われており、
DUALは2をあらわす意味を持っています。

Dual Mode Filtering System がセットされ、このシステムの搭載によって火傷の原因となる波長域をカットすることが可能となりました。

よって、肌への負担も大幅にカットされ、エネルギーを安定した出力に制御できることから安全性が増し、有効治療範囲が拡大しています。

臨床テストでは、照射後のコラーゲン生成が約2倍という結果が出ています。

正式な機器名が「エリプスフレックスPPT」といって、I2PLを搭載している機器です。ちなみにPPTはProgrammable Pulse Technologyの略。
エリプスフレックスPPTとは別に、「エリプスI2PL+」という機種もあります。「エリプス・フレックスPPT」はI2PLを搭載した、一機種ととらえましょう。今は「I2PL+」が最新機種です。

I2PLは、フォトフェイシャルの進化版と言われていますが、フォトフェイシャルのメーカーである、LUMENIS(ルミナス)が開発した製品ではなく、デンマークのメーカーのDDD社が開発したものです。

DDDが「第2世代のフォトフェイシャル」と銘打ってELLIPSから売り出したI2PLですが、LUMENISが「フォトフェイシャル」に関して商標登録を済ませていることから、そのキャッチコピーに差し止めがかかっているのだとか。
ELLIPSの機器は、Danish Dermatoligic Development A/S(DDD社)が開発した製品で、ELLIPS というメーカーから販売されています。

しかし、第2世代フォトフェイシャルと呼んでもおかしくない程素晴らしい機器だと、I2PLエリプスフレックスPPTを導入したクリニックや関わったドクターの間でもっぱらの評判です。

そしてI2PLでの美肌治療は、「Foto Rejuvenation」という治療として、メーカーが提唱しています。

美容医療界では続々と新しい治療法や機器が誕生し、それにともない新しい魅力的な言葉が生まれます。最近激しく目立っているのはRejuvenationでしょうか?若返り、元気回復という意味をもっています。

リジュべネーションだったり、レジュべネーション、レジュビネーションとも呼ばれます。

フォトリジュビネーション治療以外には、「しみ、そばかす、赤ら顔」、「脱毛」の治療がエリプスフレックスPPTで可能で3つのアプリケーションによって悩みに適した治療ができます。

I2PL エリプスフレックスPPTでできる治療


しみ、ソバカス、くすみ、色素沈着、毛穴の開き、ニキビ、ニキビ跡。 赤ら顔、あざ、毛細血管拡張症副次的な効果として、小じわ、しわ、たるみ、脱毛効果も得られます。 I2PLで肝斑の治療はできません。また深いニキビ痕や凸凹にはあまり効果が期待できません。

自己療法と美容医療との違い

確実なコラーゲン増生力による、肌内部からの改善はメディカルならではです。

I2PL エリプスフレックスPPTの治療のダウンタイム

光を照射し熱の力を利用して真皮層を刺激するため、
照射後は多少の赤み、ほてり、腫れ、かゆみの症状が出ることがありますが、これは徐々に ひいていくものです。

しみに反応するとかさぶたになったりします。(あとでポロっと落ちてきます。)
かさぶたは必ずしもできるわけではありませんが、できた場合は自然にはがれるまで放っておくことが重要です。

自分自身で感じるダウンタイムは多少ありますが、外見的ダウンタイムは全くありません。

I2PL エリプスフレックスPPTでの治療のメリット&デメリット

  • シミ、くすみ、ハリなど複合的に効果あり
  • シミがない人はダウンタイムがほぼなし
  • エイジングの初期症状全般に効きやすい
  • 痛みがそこそこあること
  • 複数回で効果の持続を感じる人も
  • シミがある人はダウンタイムあり

しわ、シミ、毛穴とパーツ的に悩みを抱えることが多いとおもわれますが、全体的な肌質が、良いと悪いとでは印象が全く違います。肌だけに限らずたとえば洋服にしても生地のテクスチャーが良いだけで妙にエレガントに見えたりするものです。スキンテクスチャーを整えることは、とても大事なことなのです。

顔全体の肌質をひとつの機器が内側から改善してくれて、相乗効果による2次的なメリットも多々あります。

ハリが出れば毛穴は縮まります。たるみがとれればしわがのびます。赤ら顔が改善されれば透明感がでます。

ヒアルロン酸ボトックスなど、人口的な製剤に不安のある人や注射に抵抗のある人には光治療での継続的なメディカルケアは大変優れた美容医療といえるでしょう。

I2PLは、光治療のやけどのリスクを既光治療器よりも軽減し、なおかつ照射の際の痛みも多少おさえられています。

とはいえ、やはりリスクの少ない治療は回数をこなさないとあまり結果が著しくないという、料金的に多少残念な部分もありますが、I2PLはその辺も改善され、推奨1クールが2回〜3回と、いままでの光治療と比べ、だいぶ回数が減っています。

ということは1回の効果も高いわけで、さらにリスクも減っていると、素晴らしい進化をとげた光治療といえます。

ただし、I2PLの効果を存分に引き出せるドクターの照射によって生み出される効果です。

I2PL エリプスフレックスPPTの副作用

光治療器による人体的リスクはありません。
光治療は激しい日焼けをしている人日光アレルギーの場合はI2PLでの治療を受けることができません。

肝斑も同様です。

I2PL エリプスフレックスPPTの料金

顔全体 ¥20,000〜40,000/1回

4週間に1回の間隔で2回〜3回の治療が1クールとして推奨されています。
(重症のにきび治療は5回以上)とはいえ、1回でも充分に効果が感じられる光治療です。

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)