ヒアルロン酸注入剤の種類

今では様々な種類のヒアルロン酸があり、シワの深さやしわの種類、注入する場所、注入する量、はたまた肌質や年齢に応じた使い分けが可能になっています。

言い方をかえれば、「唇の注入に最適なヒアルロン酸を目の下には使わない」ということです。

ドクターは患者の状態をみて、希望を聞いて、どのヒアルロン酸を使えば、その希望にいちばん合う結果を得られるか、また希望と違うとはいえ、ドクター目線でいちばん良い結果となるものを選択してくれるはずです。

もしくは、そもそも診療メニューでヒアルロン酸から枝分かれして製薬メーカーの製剤名で料金設定されていたりとかもします。

だけど、自分にはどれがいいのかなんて、ぶっちゃけわかりません。
ヒアルロン酸注射もメーカーによって質が異なるので持続性やなじみのよさなどの比較や持続性などの違いはあります。

そのためきちんとカウンセリングを受け、自分に合った種類と自分に見合った金額の治療を受けられるよう、フィーリングの合う誠実なドクターとの出会いを大切にしたいものです。

ヒアルロン酸はメーカーと種類によっては割高なものもあり、また製造元の会社によってヒアルロン酸の雰囲気も変わってきます。

そのため、ドクターの好みや安全性についての見解から○○社のヒアルロン酸はありませんとか、全種類揃えてます!とかいうクリニックもあったりします。

セオリー的には粒子の小さいものや粘度の低いものほど吸収されやすく粒子の大きいもの、高粘度のものほど、ゆっくりと吸収されますので、持続性についてはあきらかに高粘度のものです。ただし、高粘度のものは注入できる場所が限られています。

レスチレイン(Restylane)

レスチレイン

がっかりすることをお伝えしますが、これから紹介するヒアルロン酸注入剤は、すべて日本の厚生労働省の認可は受けていません。

だから?って方と、えっ、ちょっとなによ初耳よって方といらっしゃいますでしょが、そういった理由からドクターの個人輸入、または日本の代理店からの仕入れで、ヒアルロン酸注入剤は日本のクリニックに存在しています。

ひとまず、いちばん信頼を得ていると言われ、かなりの勢いでヒアルロン酸注入剤として使用頻度の高い、スウェーデンの会社であるQ-MEDというメーカーのRestylane(レスチレイン)シリーズについて。

ジェシカ・シンプソンもレスチレインで唇のプランプアップをしているほど、ハリウッドでも愛用者の多いヒアルロン酸です。

名称 医薬品画像 特徴
Restylane
レスチレイン
レスチレイン 粒が小さめ。おでこ、目の下のくぼみ、鼻唇溝のシワ/法令(ほうれい)線、幅のあるしわに。
Restylane subQ
レスチレイン サブキュー
レスチレイン サブキュー 粒が大きい。ほっぺたのへこみやバストに。
Restylane Perlane
レスチレイン パーレイン
レスチレイン パーレーン 粒が大きめ。頬、こめかみ、鼻唇溝のシワ/法令(ほうれい)線、深いしわ、長持ちするので鼻、あごなどデザインを伴うプチ整形などにも使われる。
Restylane Touch
レスチレイン タッチ
レスチレイン タッチ 画像 粒が小さくて細かく、レスチレンオリジナルやパーレーンと比べるとやわらかいもの。目元のコジワに向いていて、おでこ、口角の下、唇にも。ニキビ跡などの凹クレーターにも。
Restylane Vital
レスチレイン ヴィタール/ヴィタールライト
レスチレイン ヴィタール 低粘度で感触がさらさらしている。上まぶたに最適だが、持続性は低く一般的に9か月程度。年に2回くらい受けるのが効果的。専用の注射器RestylaneR Injector があります。
Restylane Lipp
レスチレイン リップ
レスチレイン リップ 唇への注入に優れたもの。リップのボリュームアップ専用のレスチレインリップ。目の下には絶対に注入しないもの。

このほかにリドカイン(麻酔成分)が含まれているPerlane LidocaineとRestylane Lidocaineなどがあります。
Q-MED製のRestylaneというシリーズだけですでに7〜8種類あります。ちなみに年々こういった医薬品はバージョンアップされてパッケージも商品名も変わるのでご注意ください。

Q-MEDのヒアルロン酸は、純度・安全性・信頼性の高さで世界的に高く評価されていて、スウェーデン製ですがおなじみアメリカFDAの認可をフルマークで取得しています。

さらにQ-MEDはヒアルロン酸製造に関して、NASHA ナーシャ (Non Animal Stabilized Hyaluronic Acid) という特許技術を持っています。 「非動物性安定化ヒアルロン酸」と呼ばれるこの技術で製造されたヒアルロン酸製剤はBSEや鳥インフルエンザ、HIV感染の恐れが皆無なんだそうです。

また、アレルギー・異物反応の発現率が「0.002%」と高い安全性と適応性を誇ります。

レスチレン製剤は、NASHA粒子構造のヒアルロン酸で、粒子の大きさで種別されています。

ジュビダーム(Juvederm)

ジュビダーム(Juvederm)

では次に、BOTOXでも有名なALLERGAN(アラガン)というメーカーのJuvederm(ジュビダーム)シリーズ。

アメリカ製。もちろんFDA認可済み。

Ultra と Ultra Plus については「1年の効果持続性があるもの」としてFDAから承認がおりているという、驚くべきヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸濃度が濃く、非動物性由来のヒアルロン酸です。

非動物性というのは、バイオテクノロジーによって精製されたものを指します。よって、レスチレンと同様BSEなどによる感染症の心配がありません。

名称 医薬品画像 特徴
Juvederm hydrate
ジュビダーム ハイドレイト
首のシワや手の甲などのシワ用。
紫外線のダメージや加齢でボリュームを失ってでこぼこした皮膚を滑らかにする。
Juvederm Ultra Smail
ジュビダームウルトラスマイル
唇のボリュームアップ専用。
Juvederm Ultra 2
ジュビダーム ウルトラ2
ジュビダーム2・3・4は、「0.3%リドカイン(痛みを軽減する成分)」が含まれているため、他のヒアルロン酸注入法に比べ、痛みが少ないのが特徴です。2はやわらかいもの。
Juvederm Ultra 3
ジュビダーム ウルトラ3
ふつうの硬さ。
Juvederm Ultra 4
ジュビダーム ウルトラ4
かためのもの。鼻やあごのプチ整形に。輪郭の形成や深いシワやたるみに。
Juvederm Voluma
ジュビダーム ボリューマ
頬骨の上のボリュームアップや、やせこけた頬やゴルゴラインへ適したもの。たるみなどで脂肪注入の変わりのような感じで使われる。

ジュビダームはアラガン社ブランドという信頼もあり、海外セレブも多く愛用しています。
レスチレインよりもアレルギー性が少ないとの声も。なおみが体験したヒアルロン酸注射もこのジュビダームでした。

ヒアルロン酸〜FDA未認可のヒアルロン酸〜

FDA未認可ですが、ヨーロッパのCEマークを取得し、日本での治療が開始されている注入剤。

優秀な注入製剤が続々登場しています。

生産国 メーカー名 医薬品名 医薬品画像
アメリカ Mentor(メンター) Puragen(ピュラジェン) ピュラジェン
スイス Anteis Esthelis(エセリス) エセリス
スイス Teoxane Teosyal(テオシアル) テオシアル
フランス Corneal(コーネル)/
Allagan(アラガン)
Surgidrem(サージダーム) Surgidrem

エセリスは今までにない新しい領域のヒアルロン酸とされ、ヒアルロン酸の高純度化、高濃縮化に成功し、真皮に存在するヒアルロン酸と限りなく類似しているというもの。

またヒアルロン酸のゲル化に成功しています。粒子タイプが常識でしたが、単一形状のヒアルロン酸なので粒子の存在がなく、均等で滑らか、凹凸のない仕上がりが期待できます。 皮膚の薄い部分浅い層にも注入しやすくなじみやすいとか。持続性は12か月。

テオシアルの持続性はジュビダームを超えると言われています。
続々といろんなメーカーからヒアルロン酸注入剤はでていますので、クリニック選びも単にヒアルロン酸注射だけではなく使っている医薬品名も知らせてもらった方が安心です。

フランスのコーネル社製造のサージダームは一部アラガンも製造しているそうで、公式サイトはアラガン社のロゴマークがありました。

≫目の下|ヒアルロン酸注射体験@東京美容外科

<<Back 1 2 3 4 5 Next>>

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)