光に高周波がプラスされたフォトRF

フォトRFとリファームが使える『e-max』

IPLという治療光線とRF(高周波エネルギー温熱効果=Radio Frequency)の2種類の光を用いた機器で「フォトRF」はその治療名です。

簡単にいうとフォトフェイシャルにRFがプラスされた機器。

IPLとRFの組み合わせは、シネロンというメーカーが開発したもので「elosシステム」また「elosテクノロジー」といいます。

フォトRFを搭載した機器の名称をオーロラといい、フォトRFオーロラ、フォトオーロラとも呼ばれます。

IPLは基本的に黒いものと赤いものに反応する波長を主として、メラニン色素に作用し、しみ・ソバカス・赤ら顔を改善してくすみを解消します。
またにきび跡の赤みにIPLが反応し、赤みを薄くするのでにきび跡にも効果的です。

そしてRFが真皮層の線維芽細胞を刺激します。RFによる熱の効果でコラーゲン・エラスチンが増生し、たるみ毛穴に対して軽度の引き締まりをみせます。 さらに肌の新陳代謝が活性化されるので、ハリが出て多少のしわの改善が期待できます。

また、フォトRFは美白効果ももたらします。

肌全体のトラブルをいっぺんに解決できる、手術のいらないアンチエイジング法のひとつですが、特にしみやくすみに効果が見られる治療です。

フォトフェイシャルとフォトRFのの比較

光治療ではフォトフェイシャルか?フォトRFか?まずはこの比較が多いのではないかと思います。

RFが組み合わさったことで、光線のみ(フォトフェイシャル)より痛みが軽減され、火傷のリスクが減ったこと。 肌を均一に加熱することができること。フォトRFの方が新しい機器ということ。

以上がフォトフェイシャルとフォトRFの主な違いになるわけですが、フォトフェイシャルは光治療の元祖とされるものでいまだにファンが意外と多いようです。

光とレーザー

フォトフェイシャルやフォトRFなどの光治療と呼ばれるものと、レーザー治療との違いは、
レーザーの「スポット的な治療」と、フォトRFの「広い範囲に効果が出る治療」と、これにつきます。
お肌の悩みによりレーザーか光治療かを選択すると良いでしょう。

光治療なのに脱毛効果?

「フォトRF脱毛」といって、同じオーロラを使った医療脱毛もあります。

フォトRF脱毛@私のクリニック目白

機械のヘッドを変えることにより、美肌効果よりも脱毛効果が強くなる仕組みなのですが、元が同じオーロラなので脱毛をしながらの美肌効果が期待できます。

フォトRFで治療を受けると、同時に脱毛効果がある。というのは、そういった理由からきています。

フォトRFの新機種

「フォトRFオーロラプロ」というRFの機能がアップした機種が出ています。

オーロラプロを導入しているクリニックは「フォトRFオーロラプロ」が治療名となっている場合もあります。

オーロラプロで行うフォトRFは、オーロラプロの後継機種e-light の、SRA(スキンリジュビネーション・アドバンス) というハンドピースを用いて行うフォトRF・SRAという治療に変わりつつあります。フォトRFのSRA(e-light SRA)は、しみに対してより強力な作用があります。

オーロラで行うフォトRFも同様にe-light SR(スキンリジュビネーション) とされます。

フォトRF体験談@銀座イーストクリニック

また、フォトRFの進化版「フォトRFリファームST」という新しい治療も出ています。これはe-lightに搭載されているST(スキンタイトニング)のハンドピースで行うRF(高周波)+IR(赤外線)の新しいたるみ治療です。

フォトRFリファームST(e-light ST)

フォトRFでできる治療


しみ、ソバカス、くすみ、美白、ほくろ(盛り上がりが無く平坦なもの)、毛穴の開き、赤ら顔、ニキビ跡など赤みのある色素斑、脱毛効果

自己療法と美容医療との違い

真皮層を刺激し、肌を内側から改善して悩みを解決することができます。
おでこや口周りで肌質や状態が違う時はどうすればいいの?なんてゆう悩みをよく聞きますが、フォトRFなら肌に負担をかけずにトラブルにのみ反応して肌全体の美肌効果が期待できます。

フォトRFの治療のダウンタイム

光を照射し熱の力を利用して真皮層を刺激するため、
照射後は多少の赤み、ほてり、腫れ、かゆみの症状が出ることがありますが、これは徐々に ひいていくものです。

しみ、ほくろに反応するとかさぶたとなり、2週間くらいの時間をかけて自然に剥がれてきます。
かさぶたは必ずしもできるわけではありません。できた場合は自然にはがれるまで放っておくことが重要です。

自分自身で感じるダウンタイムは多少ありますが、外見的ダウンタイムは全くありません。

肌をこするくせのある人は注意して、とにかく「保湿」をしましょう。

フォトRFでの治療のメリット&デメリット

まず、美肌効果にプラスして脱毛効果があること。
全体的なトラブルを解消できるので、リスクを伴う治療にトライするよりは安全で確実。

照射のときに若干の痛みがありますが、我慢できない痛みではありません。
ただし、顎や頬骨のあたりとこめかみや生え際あたりの照射で痛みを強く感じる場合があります。

フォトRFは黒いものに反応するので、うぶ毛があることにより痛みが増します。そのため、治療前に剃毛をしたほうが良いとおもいますが、剃毛についてクリニックへ事前確認をしたほうが良いでしょう。

フォトRFの副作用

光治療器による人体的リスクはありません。

光治療は妊娠している、激しい日焼けをしている、日光アレルギーの場合、治療を受けることはできません。治療当日の入浴は避けましょう。シャワーは可です。

フォトRFの料金

顔全体 ¥30,000〜60,000/1回

フォトフェイシャルと同様、一定の間隔をあけて5〜6回の治療をして効果が持続するといわれます。
1回だけでもフォトRFの効果を実感できる場合もありますが、元々フォトRFは複数回の治療を継続して行うことで少しずつ肌質が改善していくとして存在しているものです。

フォトRFを繰り返し照射をすることで、コラーゲン増生機能を肌が記憶するんだそうです。

治療目的にもよりますが、2週間〜1ヶ月の間隔での治療が推奨されています。
1回の単価が安くなるセット料金を出しているクリニックが多く見られます。

フォトRFのキャンペーンを行っているクリニックを見つけて、1回の治療でどのくらいの効果が実感できるか試してみるのもありです。

フォトRF関連記事

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)