フォトフェイシャルアクネスはにきび専用の光治療

フォトフェイシャルアクネスはクリアライトを用いたニキビ専門の光治療です。

このフォトフェイシャルアクネスは非常に複雑な構造で、クリアライトと呼ばれる特殊な光(ニキビの治療専用に開発された特殊な高輝度金属ハロゲンランプが光源)を用いて治療を行います。

紫外線に非常に近い光のため、紫外線をカットすることが困難きわまりなかったようですが、とうとう紫外線カットに成功し製品化に至ったわけです。

にきびの原因となるアクネ菌は、光に反応する性質をもつポルフィリンを有しています。このポルフィリンがフォトフェイシャルアクネスのクリアライトの光に反応し、自爆することにより活性酸素を発生してアクネ菌を死滅させ、毛穴の奥にたまった皮脂を破壊します。

活性酸素はアクネ菌にダメージを与える殺菌作用を持っているのです。

そしてフォトフェイシャルアクネスの光はポルフィリンをターゲットとし、まわりの組織にダメージ(影響)を与えません。ポルフィリンをターゲットにすることはPDTクリアタッチと同じです。

フォトフェイシャルアクネスの持続性に関しては約3ヵ月にきびの再発を抑制できると言われています。

赤にきびに効果があって、白ニキビに効果が無い?

アクネ菌はにきびの原因とされますが、常在菌の1種なので、健康な肌状態であれば、何ら問題を起こす菌ではありません。皮脂の過剰な分泌が原因で皮脂が排出されずに毛穴の中で詰まった状態となったものが「白ニキビ」とされ、その状態を放置すると皮脂にアクネ菌が異常繁殖して炎症をおこした赤いニキビに悪化します。

厳密に言うと、ポルフィリンはアクネ菌が増殖した段階の炎症性の赤ニキビの状態で発生するものなので、アクネ菌が有するポルフィリンをターゲットとした治療は白にきびに効果が無いのです。

白ニキビ・黒ニキビは非炎症性のニキビです。

また、皮脂の過剰な分泌はホルモンバランスの乱れによるものが多いとされます。

フォトフェイシャルアクネスでできる治療


@炎症をもつ赤いにきび(非炎症性のニキビやニキビ跡には効果無しとされています。)
Aオイリースキン

その他)首、背中、胸部など全身に対応した治療法です。
ニキビ跡はクールタッチで治療できます。

自己療法と美容医療との違い

炎症を起こしてしまったニキビを自力で「治す」のは困難です。「ケア」は可能でしょう。ニキビの原因、アクネ菌はずっと存在し続けるので、なにかしらの拍子にまた再発します。クリニックで「治療」そして再発率を下げてもらって、正しいケアを行うことで美肌は保たれます。

フォトフェイシャルアクネスの治療のダウンタイム

ほとんどありません。まれに赤みが出る場合もありますが、短時間でおさまります。

好転反応が出る場合があります。これは治療で効果が出ている証拠でもあります。
UVケアは必須です。

フォトフェイシャルアクネスでの治療のメリット&デメリット

1クールを守った上で、効果が期待できます。

その理由としては、アクネ菌の増殖速度を考慮した治療をその1クールで行い、結果を出すため。

ということは、1回での治療では、あまり効果が期待できないということです。

しかし、それに優る治療スパンの短縮というメリットがあります。フォトフェイシャルアクネスの治療期間は約1ヶ月が平均です。

さらに、かさぶた、傷跡がつかないのでガーゼをはったりしなくて良いのこともメリットですが、好転反応でめげてしまったり、頻繁な通院が面倒になってしまったりと、治療を途中で止めてしまう可能性が大きいのがデメリット。

せっかく治療をするのですから気合いを入れて、ニキビのできにくい体へ切り替えましょう。自分自身の生活スタイルがにきびの原因になっている場合もあるのです。大人になってからできるニキビは生活習慣が原因です。メンタル的にもフィジカル的にも充分なケアと同時に治療をすれば、がんばった分楽しいことが増えるはずです。

1週間前から、活性酸素を抑制するスキンケア(ビタミンE配合のもの)を使うことや、美容医療の治療(ビタミンC導入)は厳禁です。

フォトフェイシャルアクネスの副作用

光治療器の光を人体へ照射すること自体でのリスク、光自体に副作用をもたらすリスクはありません。

フォトフェイシャルアクネスの料金

顔全体 ¥4,200〜/1回

週2回、計8回で1クールとして推奨されています。
治療の間隔が1ヶ月以上あくと治療の効果は期待できない場合もあります。

細菌の増殖速度より早いスピードで治療して効果を得ることを目的としているため週2回の治療が理想的とされています。

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)