目の周り、目元に小じわができる原因は?

「目元の皮膚はデリケート」これは常識。

顔の中で、目元だけ皮膚の厚さや構造が異なります。そのために、目元には使えない化粧品があったり、目元専用のアイクリームがあるわけです。目の周りの皮膚は頬の皮膚に比べて3分の1の厚みしかありません。

そのため、顔全体の皮膚に比べて、目元の皮膚はコラーゲン線維が少ないこと、

そして、皮膚の厚さの違いと構造の違いにより、目元は特にしわができやすいということを、頭にたたきこみましょう。

デリケートな分、普段のお手入れが大変重要となるパーツです。

そして、目元のしわの主な原因のひとつに「表情」が挙げられます。

笑う、おこる、おどろく、の表情の変化や1日に平均して1万回にも及ぶまばたき。この表情によっても、しわが大変できやすいのです。表情ジワはボトックスが有効ですが、目元はボトックスを打ちすぎると表情が不自然になりがちなので、注入量や注入箇所を的確に入れてくれる技術を持つドクターにお願いしないといけません。

さらに花粉症やアレルギーもちの人は、注意が必要。
目のかゆみによって目元をこすることによってより目の周りの皮膚に負担をかけてしまうため、シワができやすいです。

パソコンの使い過ぎによる目の酷使もクマやシワの原因となります。

アイクリームや目元専用美容液は20代後半から使ったほうがいいといわれます。
特に目が大きい人やぱっちり二重の人などは目元に負担がかかりやすいので早めにアイクリームなどでエイジングケアをしておくといいでしょう。

冬場に目立つ目の周りの乾燥ジワ

冬場は空気が乾燥するため、目元の小じわもあたたかい季節と違って目立って見えます。

湿気がないためファンデーションも浮いてしまいがちな乾燥したオフィスや寒い外では笑った時の目の周りの細かいシワが気になります。

乾燥しないようなケアももちろん大事ですが、シワが深くなる前のプロのケアを受けることも考えるのが冬場です。

目の下や目の周りの皮膚は薄いため、レーザーなどの治療ではうすいシワなら効果が見えやすいですが、深いシワになってしまうと1回、2回の治療では改善が見られないことも。

そのため気軽に受けられる光やレーザー系治療でなんとかするなら浅いシワのうちに受けておくのがベストです。

ただ、レーザーや光系の治療の場合、目周りは照射可能でも、瞼や目の下が照射できないものもあります。目元は皮膚の厚みが違うのと眼球自体にダメージを与えてしまう恐れもあるためです。

サーマクールアイでは特殊な黒いコンタクトを装着して瞼や目の際まで照射が可能です。
ただし、こちらも高い照射技術が必要ですのでクリニックとドクター選びが重要。

注射系でいえば、ヒアルロン酸注射も効果的ですが、なんにせ皮膚の薄い場所なため、注入技術が高い先生にお願いしないと仕上がりが不自然になることも。少量ずつ何カ所かにわたって注入していくのですが、そのバランスや注入の深さなどは本当に先生のセンスも問われます。

なおみが受けた目の下のクマの注射のように、気になる部分に応じて的確な処置をしてくれる技術の高い先生にお願いすること。ヒアルロン酸注射も安さで選ぶのは心配です。

再生医療の注入ではPRP療法やW-PRPプレミアム療法、肌細胞補充療法などがありますが、それぞれにメリットデメリットがありますが、ヒアルロン酸注入以外での検討項目として知っておくといいかと。

注射系は特に多少腫れたりあざになったり、内出血ができる場合もあるので、ダウンタイムも考慮しなくてはなりません。ただし、注射系は持続性が高いのが魅力です!

目元の治療は改善した時はとてもうれしく、周りの人にも気づいてもらいやすい部分でもありますが、失敗した時は悲惨です。注射系ではしこりができたり、でこぼこして見えたりという被害の口コミも少なからずあります。レーザー・光系はあまり効果が見られなかったという口コミも。

目の周りの治療はドクターとよくよく相談してリスクの低い治療を受けるのがベターです。
ヒアルロン酸注射ならボトルストックしてくれるところが良心的。

金銭的に余裕がある人はアンナも始めた肌細胞補填療法をお勧め。リスクがなく、しこりや凸凹になる心配が一切なく、持続性も高いため一番安心です。

目元と目の美容にネトラバスティ

目元のアンチエイジング法のひとつとして、なんと、目の中に対して行う「瞳美容」というものが広まっています。

インドの伝承医学アーユルヴェーダの1種
「ネトラバスティ」

「ギー」とよばれる純正オイルを目の中に流し込み、そのオイルで眼球を洗って白目の色素沈着を解消するというもの。

ギーとは、無塩バターを煮詰めては濾す作業を繰り返して得られる不純物を含まない純正のオイルで、バターオイルとも呼ばれ、体内の老廃物を排出するはたらきを持っています。

このギーを40度前後に保ち、目の中に流していくわけなのですが、白目に見られる濁りは、ホコリやゴミの色素沈着が原因で、この濁りを解消するのが40度前後に保たれた純正のバターオイルなんだとか。

目の中にギーを流し込んだあとは施術者の指示に従って目を開けます。目が開いたら左右〜上下に目を動かすことで、まぶたの裏や目の深い部分までギーを浸透させ行き渡らせることで、目の汚れを取り除いて目の表面を保湿する効果が得られます。

これにより、ドライアイの解消、アレルギーや眼精疲労の改善が期待できます。

また、瞳の白目の充血や黄ばみを取り除き、透き通るような白目にする効果もあって、それによって見た目の印象がだいぶ変わるんだとか!

症状に合わせて10種類の目薬があり、ギーを流しこむ前にヒアルロン酸やビタミンB、プラセンタを点眼し、目のまわりのハリを取りもどして、目の下のしわやクマ、くすみを解消するというアンチエイジング的効果もあって、目の幅が大きくなる効果も得られるとのこと。

目元がスッキリするという人が多く、パソコンを駆使する人にも効果的。

ネトラバスティはエステでも受けられるようですが、クリニックでは三井メディカルクリニックがネトラバスティを扱っていることで有名です。

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)