肌細胞力をUPするEGFとは?

EGFとは、体内に存在するたんぱく質の一種で、
53のアミノ酸からなるペプチド。
たんぱく質を細かく分解するとアミノ酸からペプチドにわかれます。

EGFは、Epidermal Growth Factor(エピダーマルグロスファクター) の略語。

上皮細胞増殖因子または上皮細胞成長因子、細胞再生因子と、日本語での訳され方は様々ですが、上皮(皮膚細胞の表面)に存在するEGFRという受容体と結合し、DNA合成、細胞の成長及び増殖をしうるもの。

EGF はノーベル賞受賞成分として大変知名度のあるものですが、発見されたのは1962年。
そしてEGF発見者がノーベル賞を受賞したのは1986年。

アメリカ人の生化学者Stanley Cohen(スタンリー・コーエン)が、EGF 発見の功績でノーベル生理学医学賞というものを受賞しています。

発見された当初は火傷を負った肌の再生を目的とし、皮膚再生医療の分野で使用されており、その有効性が認められノーベル賞受賞の物質となったEGF。

EGFは貴重なものとされていて、美容医療界で薬剤として、また化粧品の成分として使われるようになったのは、ごくごく最近のことなのです。

EGFの効能×EGFの効果

なんと、臨床結果で平均して284%の新生細胞成長促進率をたたき出したEGF。

皮膚の表面にある細胞にはたらきかけ、新しい細胞の成長と増殖に重要な役割を果たすのがEGFです。

皮膚の細胞分裂は毎日行われ、古い細胞と、新しい細胞が日々入れ替わっているのだとか。ターンオーバーが乱れる原因や老化現象の原因に、体内のEGFの減少が深く関わっています

もともと火傷の皮膚再生の分野で活躍していたEGF。
皮膚細胞を再生してくれる作用をもっているのです。

代謝が活性化され、古い細胞と新しい細胞の入れ替わりがスムーズになり、若々しい皮膚と皮膚の弾力性を保てるようになります。

また、しみやそばかす、色素沈着抑制、細胞組織の活性化、弾力UP、ある程度のニキビ抑制作用が期待できます。

化粧品としてのEGF

化粧品に配合されているEGFの浸透率は美容医療のアクシダームで行うEGF導入にはかないませんが、毎日のお手入れによる積み重ねはとても大切です。

厳密には、EGFが化粧品に配合されている場合、EGFという名称では成分表示されず「ヒトオリゴペプチド-1」という成分表示名となります。 ペプチドは粒子が細かいので体内に摂取しやすくなります。

ちなみに話題のビーグレンはEGFではなく、別の種類のペプチドが配合された化粧品です。
≫ビーグレンのページへ

EGFに発がん性が?

EGF自体には発ガン性となるような原因はありません。

EGFの受容体である、EGFRという糖タンパクが遺伝子変異や構造の変化を起こした場合に限り、発ガンや癌の増殖につながるとされています。

EGFRは摂取したEGFを機能させるために大変重要で、上皮細胞の発達においてはEGFよりも重要とされているので、通常は良い働きをするものです。

結論として、化粧品や医薬品レベルのEGFを摂取したところで、EGFRの遺伝子レベルでの変異は起こりえません。そもそもEGFは厚生労働省より認可を受けているので安全性は確立されているのです。

話題性とともにEGFは危険性が問われるものですが、副作用のない安全な成分とされていて、万が一過剰摂取しても、必要のない分はEGFRがEGFを受け入れず、排出されるという調整機能が備わっています。

≫美容ジャンキーご愛用の美容医療級EGF化粧品

<<Back 1 2 Next>>

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)