君島十和子さんの50代へのスキンケアに関する考え方

もうすぐ奇跡の40代といわれた君島十和子さんがアラフィフ、50代になる!美魔女と呼ばれる人たちも40代後半に次々と入っていて、いつまでも綺麗な肌を持つ40代はもう珍しくなくなってきた今日この頃。

みんな共通に年は取っていくのですが、どういった感じで年を重ねていくか?は個人のメンテナンスによって大きく差が出ることはいろんな年上の女性を見ていてわかりますよね。

奇跡の40代と言われて、たくさんの人の羨望のまなざしを浴びる君島十和子さんももう50代に突入間近。

そんな彼女のHuluでみた『十和子の美忙日記』。

これをきっかけに、十和子さんの魅力を再確認。

これからの50代に向けてのスキンケアやメイク、美容医療などどんなふうにメンテナンスしていくのか気になったので、十和子イズムを購入してみました。

帯に書かれていた林真理子さんのキャッチコピー
『美の神は、十和子さんを私たちにおつかわしになったのですね』が印象的。

美容本はタレントさんやモデルさんによっては、内容がいまいちのものが多いんですが、十和子さんの本はちゃんとご自身の言葉で書かれている感が出ています。また今まで○○歳だからこういうのはどうかな?っていう保守的な主婦層を刺激してきただけあって、コンサバティブなんだけど、アクティブな美容法が毎回アイデアとしてあって面白かったです。

40代の肌は美容医療に頼りすぎずにコツコツ頑張る

お肌の老化については個人差ありますが、30代になると毎日のスキンケアやお手入れをおろそかにしたり、食生活などの生活習慣が乱れると、すぐに肌に出やすくなりますよね。

40代のお肌はシミやシワ、たるみが目をそらしたくなる悩みになります。それをみてキチンとスキンケアをするか、あきらめるか?でお肌はだいぶ変わってきますよね。

君島十和子さんのお肌のメンテナンスは美容医療などたくさんしているのか?といえばそうでもなく。(この点はある意味ちょっとがっかりする人も多いみたいですね。)

レーザーフェイシャルやビタミンCのイオン導入。産毛のレーザー脱毛程度。

君島十和子さんはもともとのお肌が徹底したUVケアと定期的なメンテナンスができているからサーマクールなどのたるみ治療等はまた必要なさそうですよね。

理想の肌のために美容医療に頼りすぎるのではなく、

『肌そのものが健康であることを目指している』

そうです。
シミやシワやくすみが全くない肌は美しさにリアリティがないのでは?と。

肌も毎日のスキンケアや生活習慣の積み重ねでできています。
健康の上に健康な肌が作られるため、食生活にも気を使っているのは当然のこと。

ニンジンジュースや青汁、ヨーグルトなど肌にいいものをキチンと食べ物からとって、食材や調味料にもこだわっているという点では体の中身(内蔵や血液)もかなり若く健康的なのでは?と思います。オイルもアマニオイルやオリーブオイルといったオメガ3が含まれる美容にも効果が高いオイルを使ってます。

風邪も引かないように体調管理もしっかりしている君島十和子さん。

君島十和子さんのすごいのは日々の努力のたまものと言えることですよね。
お金をたくさんかけて美容医療もできるのに、意外と大したことはしていない。

ある意味、ファン層の支持を得られるのはこういうところにあるんだなぁとも思います。
美容医療を支持するある程度のリッチな40代ができることはたくさんありますが、
実際の多くの40代はまだまだ子供にお金がかかったり、働き盛り、自分に手もお金も書ける余裕がない人が大半を占めるのですからね。

そういった人たちでもスキンケアや食生活などきちんとしていればきれいを保てるといういい見本になれているという点で君島十和子さんの人気はここまで維持できているんだろうなと思いました。

カラコンでアンチエイジング

今回の君島十和子本でいちばんの斬新なところは。
カラーコンタクトで目力強調をお勧めしているところ。

カラコンで瞳の大きく見せるのは10代から30代の女性でやっている人は多いのですが、十和子さんもカラコンを入れているとはちょっと驚き。

確かに、40代になると目元のハリが無くなって写真をとっても目が小さく見えてくるんですよね。

30代の私たちですら後半に差し掛かってきて目の力が衰えてきたのを感じるのですから。

あまり目力強調をする大き目のカラコンではなく、ディファイン程度のナチュラルなものであれば、意外と自然に目ヂカラがアップするというのはありますよね。

大人になってからのカラコンの初挑戦もありかもしれないなとおもったのが、アンナの本音です。

またファンデーションなども若い子が使ううす付きのものではなく、しっかりカバー力があるものを選んでいたり、チークも乾燥しないようにとクリームタイプのチークを使っているというのも印象的でした。

やっぱり年齢によってメイクアイテムの見直しも必要なんだなと。

45歳を過ぎてから夕方顔色が悪く見えてくるようになってからイエローベースのファンデをオークルベースに変えたりと、加齢とともに変えていくコスメがとてもリアルでした。

コスメは君島十和子さんのブランド、フェリーチェトワコだけでなく、メイクアップアーティスト黒田さんのおススメものっていたのが良かったです。

最後の方のページには、通っている整体やヘアサロン、美容クリニックが掲載されていました。
最近は代官山のドクタースパ・クリニックに通われているそうで、うぶげの脱毛やくすみをとるレーザーフェイシャル、ビタミンCのイオン導入を受けているそうです。

それに体のメンテナンス、筋肉をつけることもきちんと意識していて、ジャイロトロニックとストレッチで筋肉強化、年々衰える代謝を維持しているそうです。

体重が同じでも筋肉のあるなしでボディラインはだいぶ変わってきますからね。
それは30代から感じます。

適度な運動やストレッチ、食生活や睡眠と同じ生活習慣のひとつとして大事なことだと思います。

まだ50代は先の話と思わず、みんなに平等に訪れる加齢という現実に対しての心の準備として君島十和子さんの本は前向きで、かつ無理をしている感がないので面白かったです。

君島十和子イズムはこちら

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)