痩せやすい、老化しにくいからだをつくる血液型別の食習慣

多くのセレブが取り入れているという、血液型別のダイエット食事プログラムや運動、エクササイズ。

ミス・ユニバースジャパンの栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんの最新刊、『美女の血液型BOOK』は30代から始まる、なんかいつもの化粧品が合わなくなった。なんか体調不良が続くを解消したい人、からだの中から老化防止をしたい人におススメの本です。

ビタミンC点滴やニンニク注射をたまに打つとお肌の調子がよくなったり、体力が回復するのはからだに必要な栄養がいきわたるから。

でも、毎日注射を打つわけにはいかない。

それでもビタミンC点滴やニンニク注射までいかなくても普段の食生活で中から健康になりたいという人は多いはず。

体調が悪いとすぐに肌に影響がでやすくなるのも30歳を過ぎてから。やはり美容、アンチエイジングケアはからだの健康なくして成り立たないと感じている人は多いのではないでしょうか?

肌のふっくら感を支えるコラーゲンはビタミンCなくして体内で生成されないし、日々消費されていくもの。
そのビタミンCをサプリメント以外でとることはもちろん、コラーゲンもサプリでとっていても、タンパク質をしっかり取っていないと、肌がぷりぷりという以前に他の組織の生成のために消費されてしまいます。

サプリメントももちろん大事だけど、日々の食事は美肌やアンチエイジングの土台となるものです。それプラス美容医療でお肌のエイジングケアをするならまだしも、ジャンクフードのような肌老化を早める食べ物や食べ方をしていれば、その美容医療にかけた効果の持続も短くなってしまいかねないし、そしたらお金ももったいない!

お肌のたるみの原因やたるみを促進してしまうような食生活を改善する。
そう考えたときとても参考になったのがエリカ・アンギャルさんの本でした。

血液型別にどんな食材と相性が良いか知る

血液型別というと占いのようなあいまいかつ、人によって当てはまる当てはまらないといったものを想像しますが、この本の血液型は、科学的な研究と統計に基づいているので説得力があります。

血液型別に、合う食べ物、合わない食べ物がわかり、日常的に注意して食べ物を選ぶ。それによって痩せやすくなったり、体が軽くなったりするんだとか。

血液型にあった抗酸化作用のある食べ物を意識して摂る!
それだけでも美肌になれそうです。

質の悪い油をつかったジャンクフードやインスタント食品を避けるだけでも体調がよくなる、肌の調子が変わるのは経験している人も多いはず。

肌にいいとされるレシピなどを知ることによって、スーパーでの食材選びも楽しくなります。

ちなみに、私が変えたものは、間食。

ケーキやクッキーなどの白砂糖やショートニングの入ったスイーツよりも、ドライフルーツやナッツに切り替えました。ドライフルーツやナッツって割と高いのですが、それがバーになっているのがネイキッドバー
(エリカ・アンギャルさんは似たような他メーカーのララバーをご愛食。)

ベジタリアンやローフード、オーガニック、マクロビを実践している人にも人気のおやつです。

これがいろんな種類があるのですが、砂糖を使わず、ドライフルーツの甘味のみなのにとっても甘いし食べごたえもあり、さらにナッツも入っているので、食感ももっちりしていておいしいんです。これに間食を変えるだけでもだいぶ違う気がします。

ただ、食事だけは忙しくてなかなか自炊もできないというのが悩み。

野菜や果物不足の忙しい女性にピッタリのアイテム

血液型BOOKで書かれている食生活が毎日できれば理想だけど、自炊すらままならない忙しい女性の方がむしろ多い。

そもそも美容医療を受ける女性の多くは金銭的にはゆとりがあっても時間にゆとりのない人の方が多いはず。

そんな人にピッタリなのがヒューロムジューサー
これは血液型BOOKで紹介されているわけではないのですが、個人的に気に入っているアイテム。

このヒューロムスロージューサーは、ただのジューサーと違ってちょっとお値段も張りますが、低速回転のジューサーで熱が発生しないため、野菜や果物のビタミンや酵素が破壊されず、生き生きとしたジュースが作れます

ジュースにする野菜や果物もネットでお取り寄せしてこのジューサーで毎日野菜を取るようになってから、体に変化が。

疲れにくくなって、頭がすっきりするようになったんです。

野菜をたくさん食べようとすると、どうしてもドレッシングで塩分までとってしまったり、ゆでたり炒めたりして野菜のビタミンを減らしてしまうのですが、ジューサーだと、人参3個分とパイナップル5分の1くらいでコップ1杯のジュースになり、ビタミンやカロチン、酵素がしっかりと取れます。

もともとこのジューサーを買おうと思ったきっかけは、パリで飲んだオーガニックの野菜と果物のジュースがあまりにもおいしく、飲んで疲れが吹き飛んだ感覚が忘れられなかったから。

新鮮な野菜や果物はこんなにもからだに染み渡るのか!とびっくりしたほど。

そのジュースがにんじんとオレンジとショウガのジュース。
それと同じレベルのジュースが飲みたいと探し求めてであったのがこのヒューロムジューサーでした。

いまでは、美女の血液型BOOKで自分の血液型にあったフルーツと野菜をチョイスしていろいろなジュースをつくって毎日のように飲んでいます。ちょっと高価なサプリメントよりもずっと効く気がする!

いつもだったら、寝てもとれない疲れがたまる忙しさのときも、ジュースのおかげか、元気です。

美容医療の効果持続のために体の中からきれいにもできることから少しずつはじめてみるのもいいかも。
まずは知ってみることから始めて、できる範囲の食の見直しと抗酸化食品の摂取から試してみては?

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)