抗酸化ビタミンプログラム

活性酸素を除去する抗酸化ビタミンを体内に摂取することをプログラム化し、皮膚の抗酸化システムをキープして皮膚の酸化を防ぎましょう。

ビタミンC

ビタミンA&ベータカロテン

ビタミンE

これらのビタミンは「抗酸化ビタミン」とされ、フリーラジカルを不活性化し皮膚が受けるダメージを最小限にとどめる役割を担うもの。

いっしょに取り入れることで、それぞれが支えあい、健常な細胞を維持するために重要な役割を果たします。相乗効果というものです。

ビタミンC とともに重要視されているのが、ベータカロテンとビタミンA、ビタミンEです。

ビタミンC の重要性については、女性なら誰もが知っているものですが、ビタミンC だけではなく、同時にベータカロテンとビタミンEを摂取して、細胞に抗酸化システムをプログラミングしましょう。

ビタミンC

ビタミンC についての詳細は、
≫APPS(ビタミンC誘導体の進化型)のページへ

ビタミンAとベータカロテン

● ベータカロテン
美肌に必要不可欠なもの。プロビタミンAと呼ばれ体内でビタミンAに変換されるもの。体内のビタミンA量が充分にある場合はビタミンAの変換が行われないので過剰摂取による障害がありません。多量の活性酸素(フリーラジカル)を抑制、除去できるといわれ安定性が高い抗酸化剤。

● ビタミンA
にきび対策に有効なビタミンとされます。DNA(細胞)のダメージを修復し、細胞の新陳代謝を調整。各組織の機能を正常化させ、コラーゲン・エラスチン・ムコ多糖体の生成を促進。

ビタミンE

ビタミンA、コラーゲン、エラスチンを保護し、強力な抗酸化剤となります。健康維持に重要な体内の脂質を守る働きをするもの。

抗酸化ビタミン×スキンケア

女性は生理によってビタミンAの血中濃度が下がります。体内においてビタミンAというものは、通常、紫外線予防の働きをしています。ビタミンAの濃度が下がると紫外線によるダメージがさらに進みます。

当然しみができやすくなる。

皮膚中のビタミンA濃度を上昇させるには、いったいどうすればいいのか?

抗酸化ビタミン×経口摂取

◆ビタミン関連ページ◆
ビタミンC誘導体「APPS」
ビタミンC を血液から摂取する高濃度ビタミンC点滴
ビタミンを補給して疲労回復「にんにく注射」
レチノイン酸、トレチノイン

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)