光老化の原因紫外線

太陽光の中の紫外線によって生じる、しみ、しわ、たるみ、くすみ、ざらつき、黒ニキビ、皮膚ガン(メラノーマ)などの現象を「光老化」と言います。

老化の原因の8割が光老化と言われ、自然老化は実は2割ほどの割合。

しわの原因が「紫外線」と言われるのも、光老化からきているわけです。

紫外線によって、蓄積されて起こる肌の変化が光老化とされ、生じる現象は紫外線を浴びた時間とその強さに比例します。紫外線をあびてしまう確率の多い、通常露出されている部分の肌は光老化によるエイジングが激しく起こりうるというわけです。

通常露出されている部分とは、私たちがなんとかして若さを保とうとする顔、首やデコルテ、手です。

人体に有効といわれる、赤外線や可視光線とともに太陽光に含まれる紫外線ですが、皮膚はもちろんのこと、目や免疫系統にも悪影響を及ぼし、紫外線を浴びると数分で活性酸素が現れ、メラノサイトが過剰にメラニンをつくらせ、遺伝子が傷つき、炎症も起こります。

さらに、細胞DNAやビタミンの破壊、しみの生成、コラーゲン線維の変性が起こって、老化がスピードアップするのです。

老化を進ませないためにも、自分の身体のためにも紫外線対策は大変重要なこと。そして、アンチエイジング(抗老化)の基本は紫外線対策だと、いえるでしょう。

そのため、美容医療後は必ずどんな施術後でも『UVケアだけはしっかりすること!』を必ずドクターから念押しされるように何度も言われるほど。

紫外線予防は徹底するというモデルや芸能人のお話は耳にタコができるほどよく聞くように、UVケアはアンチエイジングの基礎。やっていて当たり前なのです。

≫活性酸素(=フリーラジカル)を不活性化する抗酸化ビタミン

紫外線のUVAとUVBの波長が、人体へ悪影響を及ぼします。

紫外線対策として、わたしたちが主に用いるのがUVケアの化粧品です。

UVケアが存在するその根本、何を遮断するのか?そしてその遮断値はどのくらいあるのか?を理解して、自分の状況がどのくらいの遮断率を必要としているのか?を考慮し、有効なUVケアを使いましょう。

UVA UVB
遮断値 PA SPF
PA値がUVAをどれだけカットするかどうかは+の数で決まります。
PA+++が一番強烈にUVAをカットしますが、それなりに肌への刺激が強いものです。
UVBの遮断率を表すSPF値は激しく高いもので無くても良いのでは?とされ、最近は15〜高くても30くらいが生活レベルのUVB対策値には良しとされています。
作用 真皮層
雲や窓ガラスを通り抜け、曇りの日でも部屋の中にいても肌に届く。
雲はある程度日光をさえぎることができますが、紫外線を充分にさえぎることはできません。
表皮
雨の日でも2〜3割が到達しているといわれます。
影響 しわやたるみの原因
コラーゲンやエラスチンに悪影響を与えて肌の弾力低下を招く。
日焼けの原因
しみ、皮膚ガンの原因
強力なエネルギーで肌表面の細胞を傷つけ炎症を起こします。
その他 UVAを浴びても、目にみえる変化はすぐには起こりません。真皮層にダメージを与えて、ゆっくりと影響を及ぼしていく恐ろしいもの。
UVAは地上に90%到達しています。
UVBは10%が地上に到達しています。

UVケアも毛穴が呼吸できなくなるような重たいものはなるべく避けたいもの。

日常的なケアはさほどSPFやPAも高くなくても大丈夫。普段は極力肌に負担にならない着け心地のよいものを選びましょう。赤ちゃんがつけても安心というタイプのものや、ウォータープルーフではないけど、オフするのも簡単なもので十分。

逆に、海や山、スポーツをするときは少し重たい着け心地でもSPFやPAの高いタイプのUVクリームを使用するべき。日差しが強い場所では肌が太陽からの熱のダメージも受けるので、強めのUVクリームを塗っていても日焼けしてしまうほど。また、レジャーなどでは塗り直しがかなり重要です。

SPFが高いからと言って塗り直しをこまめにしないと、うっかり日焼けしてしまいます。

日焼け止め化粧下地「K Essence in base」

DrKドクターケイのケイエッセンスインベース(化粧下地)画像,写真

「毎日の下地に革命をおこす」として開発された、

Dr.K (ドクターケイ)のケイエッセンスインベース
SPF30×PA++

開発者はビタミンCで超有名な青山ヒフ科クリニック院長の亀山ドクターです。というわけで、このケイエッセンスインベースにも、もちろんビタミンC 誘導体が配合されています。

UV機能を持ちながらも、ハリと艶を与えてくれて、小じわを目立たなくさせて肌を引き締めるという。下地の枠を超えちゃってます。

クリームの感触がホイップクリームのよう!と、IKKOの美容本『キレイの魔法』でベストコスメとして紹介されていたり、コスメアワード的なものの受賞経歴が多々あるスーパー高機能なUV下地。

梨花ちゃんも「お肌が明るくなる」と絶賛。化粧崩れしにくいと愛用者の間では評判の下地。

ビタミンC のパイオニアとされる亀山先生がプロデュースした「Dr.K (ドクターケイ)」はタレントやモデルからも絶大な支持を集めるドクターズコスメの先駆けとして、いまでも最先端の美容皮膚科学と化粧品科学による新商品開発研究が行われ、常に1歩リードした化粧品を生み出しているのです。

≫Dr.K (ドクターケイ)のケイエッセンス詳細オフィシャルページはこちら

ドクター亀山プロデュース ケイエッセンスインベース

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)