線維芽細胞とは?(真皮線維芽細胞、肌細胞とも呼ばれます)

アメーバーのような形状の線維芽細胞

線維芽細胞(せんいがさいぼう)はコラーゲンを作る細胞です。線維芽細胞は表皮の下の真皮で働く重要な細胞。
(右の写真の長細いうねうねしたのが線維芽細胞です。)

線維芽細胞はコラーゲン、ヒアルロン酸やエラスチンの産出を行う細胞でもあります。

本来なら線維芽細胞は新しいコラーゲンやエラスチンを産出→分解を繰り返しますが、年を重ねると新陳代謝の低下により分解が上回ってしまいます。

線維芽細胞の自己増殖能力は20代後半から低下し、
30歳で急降下します。

このことからお肌の曲がり角なんて、いやみな言葉が発生したのでしょうか?お肌って細胞レベルで機能低下するんですね。

とにかく、私たちの肌のハリや弾力の元となる線維芽細胞ですが、衰える原因は老化(加齢)や紫外線。あとは活性酸素、要はストレスですね。

紫外線は線維芽細胞がいる真皮にまで届いてダメージを与えます。
線維芽細胞のためにも、アンチエイジングや紫外線対策は心の底から大切なんです。

ちなみに、40歳後半になると線維芽細胞からコラーゲンが新しく産出されることはほとんど無くなるため、存在するコラーゲンは古いもので、量も少なくなりしわとたるみの原因になっていきます。

このことから、真皮に作用してコラーゲンを増殖する美容医療がいかに有意義なことかがわかります。そして、量がめっきり減ってしまった40代後半〜50代に線維芽細胞を刺激してコラーゲンを増やす治療をするよりも、量がそこそこある30代から治療を始めたほうが良いと言われる理由も理解できるかと思います。

線維芽細胞に働きかける美容医療

美容医療の多くはこの線維芽細胞に熱を加えるなどして働きかけるものがほとんど。皮膚の下にダメージを与えると傷ができたときに働く線維芽細胞がコラーゲンやエラスチンの産生を促します。なので、特に光や高周波、レーザーなどで真皮に熱を加える治療の多くは患者本人の線維芽細胞の働きに依存しているといっても過言ではないです。

なので線維芽細胞自体が少なくなっている肌では、効果が期待できません。そのため治療によってはある程度の年齢になると、変化を感じなくなってしまう人もいるのです。なので線維芽細胞を刺激する治療はその人の年齢はもちろん、肌細胞の数や元気度のようなポテンシャルにも左右されます。

もちろん、そういったことを踏まえたドクターの診断/技術にも左右されますけどね。

線維芽細胞に働きかける美容医療は大きく分けて4つの種類に分かれます

FGF注射・W-PRP

線維芽細胞を刺激して、線維芽細胞を働かせる成長因子がFGFです。
FGFは線維芽細胞増殖因子とも呼ばれ、既存の線維芽細胞に働きかけ、動きが鈍くなった線維芽細胞に活力を与え、コラーゲンやエラスチンなどの産出を促す因子です。FGFは直接注射によって真皮に注入したり、アクシダームなどノンニードルメソセラピーで注入したりします。W-PRPなどでは血小板に添加されたりします。

ケミカルピーリング

サルチル酸マクロゴールピーリングやオバジニューダームなどによるピーリングも線維芽細胞を刺激してターンオーバーを正常化させます。アンナが受けたグリーンピールも線維芽細胞を活性化するため、皮膚が剥離します。

レーザー系,IPL/光系他

肌にハリを与える治療やたるみ改善治療のほとんどが熱によって真皮の線維芽細胞を活発化させます。フォトフェイシャルやフォトRFをはじめとする光系や肌の入替え系のフラクショナルレーザー、
サーマクールやウルセラ、テノールなども線維芽細胞にコラーゲンを産出させる効果があります。

肌の再生医療-肌細胞注入

唯一線維芽細胞自体を増やすことができる治療が肌細胞補充療法です。
これは自分の血液と皮膚の一部を採取して、皮膚から線維芽細胞を培養/増殖させるもの。
培養された線維芽細胞を注射することによって肌細胞自体を増やし若返るという治療です。
≫アンナの目のクマ改善は肌細胞補填療法で体験しています

この4つの治療の内、3つは線維芽細胞を刺激して働かせるというものですが、1つ大きく違うのは再生医療である肌細胞補填療法。この肌細胞補填療法は細胞自体を注射によって増やすという方法で美容医療ではなく正式には再生医療の分野で美容目的で受けることのできる治療です。

線維芽細胞の減少を防ぐには

線維芽細胞の能力の低下、減少=肌の老化

悲しいことに年齢とともに新陳代謝が衰えてしまうため、からだレベルでの老朽化によるいろいろなガタが30代になるとでてきます。20代のころは寝れば朝には取れていた疲れも取れなかったり。

30代になってシミが定着してしまったり濃くなるのも肌のターンオーバーや肌細胞の能力低下によるもの。それをどうにかするには、まずは健康でいること。

肌細胞の増殖・培養には血液が栄養源として使われるのですが、血液自体も栄養たっぷりの良い状態であることに越したことはありません。

たとえばタバコを吸う人の肌が同じ年齢でもくすんで見えたり、コンビニ弁当しか食べていない人にニキビができていたりするのをみると、やはり肌も生活習慣によって大きく左右されるのがわかります。

また、その人が持っている体質や肌質、細胞レベルのポテンシャルというのもで同じ年齢でも見た目に大きな差ができてしまうことも。

紫外線防止は当たり前として、正しいスキンケアとストレスのない生活で健康な食生活、睡眠時間を確保するなど当たり前のことの毎日の過ごし方でやはり1年、5年、10年と時が過ぎていくときに他人との見た目の肌年齢差が出てくるものです。

まぁ、それがなかなか難しいから美容医療に頼ってしまうのですけどねw

線維芽細胞を増やすことができる肌細胞注射に注目

さて、線維芽細胞に働きかけることのできる美容医療は数あれど、実際に線維芽細胞を増やすことができるのは肌細胞補填療法のみです。

レーザーや光などの治療では、活発に動かなくなった線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成などを催させますが、前述したとおり、年齢による細胞の減少や劣化、もともとの線維芽細胞の数や能力(元気度)などのポテンシャルが低いと、そういった治療での手ごたえを感じなくなり、結果が見えにくくなるということもあります。

ある程度の刺激を定期的に与え続けることによって、効果をもたらす治療が多いのですが、細胞自体の活力の低下や数の減少が進んでしまうと、『いくらやっても効かない』という現象に陥ります。

そういった状況の打破ができるのは線維芽細胞自体を増やすという手段以外ありません。

線維芽細胞は年齢とともに減っていきますが、肌細胞の補填療法では自分の線維芽細胞を増殖・培養することができ、さらにそれを冷凍保管できます。

肌細胞自体を注入すれば、肌細胞自体が増えるので、光やレーザー系の治療を受けても効果を出すことが可能となります。(もちろんそれでも年齢や個人差はありますが。)

この線維芽細胞に働きかける治療は自分の皮膚と血液によって培養した細胞を使うため安全度も高く、再生医療として注目されている技術です。

真皮線維芽細胞の増殖の様子

こちらはアンナがRDクリニックで培養・増殖してもらった(真皮)線維芽細胞。
1日目から6日目まで、肌の再生医療を受ける際に採取する皮膚片から細胞を培養しています。

線維芽細胞1日目 線維芽細胞2日目 線維芽細胞3日目
1日目 2日目 3日目
線維芽細胞日目 線維芽細胞5日目 線維芽細胞6日目
4日目 5日目 6日目 右に見えるのは皮膚片

3日目から4日目の増殖具合がすごいですね。この増殖は個人差があります。
肌の細胞は自分の血液やアミノ酸などの栄養をもとに増やしていきます。

この線維芽細胞を注射したアンナのレポートはコチラ

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)