成長因子 サイトカイン(グロースファクター)

肌の構造のことがわかってくると、私たちの肌っていうのは臓器のひとつであって、その臓器というのはいくつもの細胞で成り立っていることがわかります。

肌の細胞や構造がわかってくると、やっぱり内的美容も怠ってはいけないんだと分かってきます。

さて、グロースファクターと総称されて、『成長因子(サイトカイン)』と呼ばれるもの。

このサイトカインは、細胞の増殖を手助けするタンパク質の一種で細胞増殖因子ともいわれています。
サイトカインは上皮成長因子(Epidermal growth factor:EGF) や 塩基性線維芽細胞増殖因子(basic fibroblast growth factor:bFGFまたはFGF2) などの細胞成長・増殖因子を総称したもの。

他にはC型肝炎などの抗がん剤として使われるインターフェロンもサイトカインの一種。
今でも新たにサイトカインの異種である因子は発見され、数百種類になるといわれています。

ややこしいですが、要はサイトカインというのは 免疫系および炎症の調節などの働きをするしたり、細胞の再生、分化をする働きを持ったタンパク質の一種。

私たちの肌の細胞は線維芽細胞のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などによって弾力や水分、厚みをもっていて、その細胞は線維芽細胞増殖因子(FGF)によって再生され、新陳代謝をキープするものです。

美容医療でいうサイトカインは線維芽細胞の増殖やEGFなどによって細胞に働きかける因子のことが一般的です。

さて、サイトカインといえば、どこでよく聞くかというと、プラセンタです。

プラセンタにはよくこのグロースファクター(成長因子)が含まれているといわれ、細胞増殖因子が新しい細胞をつくるように指示を出すことにより細胞が活性化されるといわれています。(=肌がきれいになる)

サイトカインももともと私たちのからだに存在ししている因子ですが、年齢を重ねることによって、線維芽細胞の働きが衰え、新陳代謝が低下するため、アクシダームで美容成分同様EFG、FGFの導入をしたり、プラセンタ注射を打ったりしてアンチエイジングとして利用されています。

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)