予防ケアと早期ケアが大事!30代から始めたい美容医療

30代の美容医療マニア・チームM+B

肌の衰えを感じ始めるのは人それぞれ違いますが、30歳をすぎると、エステのお手入れや自分でのケアではどうにも改善できなくなる悩みが出てきます。

それは、遅かれ早かれみんながいつか感じること。

でも、それをあきらめるか、頑張ってケアするかで次に来る40代の肌年齢、見た目年齢は大きく違ってきます。

美ストーリーでおなじみの美魔女とはちょっとちがって、ナチュラルに若く見られたい。
(若く見えるでしょを主張しすぎないっていう感じ?)

そんな女性に美容医療を有効活用して目指したい!

そして同じような意思をもった女友達が集まり、いろんな美容医療をいろいろなクリニックで体験し、 雑誌には載っていない情報をたくさん公開して、もっと美容医療の素晴らしさを知ってもらいたい

そんな思いで作られたのがこのサイトです。

このサイトでは3人のチームM+Bをメインにレポートを書いています。
チームM+Bとは美容医療大好きな30代の前半2人と30代後半1人がさまざまな美容医療を受け、体験レポートを書いています。たまに予備軍のM+Bメンバーも参加しています。(M+Bのメンバー紹介はこちら。

なんで30代から美容医療を活用すべきなの?

アンチエイジングという言葉は、アンチ加齢という意味。
年の取り方は価値観も人それぞれでありますが、できれば老化スピードは遅くしたいもの。

肌ももちろんそうです。
平子理沙さんが40歳になるっていうのに20代に間違われるのは、
あのふっくらとした肌のおかげといえます。

20代のハリのあるふっくらと弾力のある肌は30代を過ぎるとビックリするほどしぼんでしまい、あのハリってなんだったのか?と思うほどに感じる人も多いのでは?20代の時はスキンケアがいい加減でもさほどのトラブルを感じませんが、スキンケアも勉強。正しい知識のないままいい加減なスキンケアで30代を過ごしてしまえばそのつけは必ずやってきます。

法令線が目立って来たり、目の下のクマが取れなかったり、毛穴の開きが目立つようになって来たり、
10代のときに黒ギャルで日焼けをしてシミに悩む人が多いのも今の30代です。

私たちもまぁ、その世代なのでよくわかるのですが、シミも毛穴も法令線も気になり始めたら、早めにケアをすることが大事。深刻な悩みになってからのケアではお金も時間もよりかかってしまうのです。

たとえば、今は薄いシミでも、間違ったケアや加齢で40代にはさらに濃くなることがあったり、今は薄いシワもくせによって深いしわになり、施術手段も高額なものになったりと、放っておいていいことなんてないのです。

一般的に30代は結婚、出産と忙しさも増し、見た目に気を使っている時間も少ない人が多いはず。

仕事をしている女性でも、キャリアや習い事などで20代よりも忙しい人が周りにも多いです。
だからと言って、目の前の鏡から目をそらしていては、きれいな40代は望めません。

肌の新陳代謝やターンオーバーを正常に戻したり、フォトフェイシャルなどの気軽な光治療を受けるだけでも肌老化のスピードは確実に緩やかになります。

30代のうちからの予防ケア、早期ケアをしている人としない人では40代のシミ、シワをはじめとする肌老化に大きな差が出るのです。病気でもなんでもそうですが予防することが一番お金もかからないし、後々の苦労も少なくて済みますからね。

美容医療はすべてが高額ではない

美容医療というと美容整形のように敷居が高い気がしますが、美容医療は美容整形と違い、メスなどは使いません。(詳しくは美容医療と美容整形の違いを読んでください。)

そのため、料金も1万円程度〜数万円で手ごたえを感じる施術、治療を受けることが可能です。
たとえばサルチル酸ピーリングやイオン導入は1万円以下ですし、クリームでのシミ改善などは数千円で済むことも。2万円払えばレーザーピーリングやフォトフェイシャル等の光治療も受けられます。

なので、エステと同じくらい、もしくは少し高いくらいの金額で通えます。

ただ、エステと違うのは、クリニックはあくまで医療行為の治療の部類なので、マッサージや気持ちの良さ、接客の良さなどはエステと比べてしまうとがっかりしてしまうことも多いです。美容医療の治療や施術はエステのように気持ちよくないものも多く、むしろ痛いことが多いので、リラックス感は求められないと思ってください。

また、美容皮膚科でも美容医療機器をそろえていてこじんまりとしているけど、良心価格で親しみやすい町医者的なクリニックもたくさんあります。

料金的にエステと比べると高いですが、クリニックはエステではできない医療レベルでの施術を受けることを目的として、エステとは別物であるということを心得ておきましょう。

また、メディカルエステというクリニックがプロデュース・運営するエステもあり、そちらではエステ感覚でクリニックレベルの施術が受けられるところもあります。(クリニックのドクターのみが行えるような施術は受けることができないが、光やイオン導入などのような器械が正しく扱えれば問題のない施術が受けられるのが特徴。)

クリニックでの治療は高い!と思われがちですが、今は単価もどんどん下がってきていますので、昔ほどではなくなっています。お肌のケアをエステだけではなく、クリニックで行う人も年々増えてきているためでもあります。ただし、クリニック選びは安さだけで選んではダメですけどね。

自分に合ったクリニックを見つけたら、早速カウンセリングを受けてみましょう。

≫美容医療初心者にお勧めしたいメニュー

ページの先頭へ

はじめての美容医療
美容医療の口コミ
みんなの貴重な美容医療の体験を口コミでチェック!書き込み大歓迎です♪
人気記事ランキング
最新美容医療一覧
器械の名前=治療名になっているのでわかりにくいのが美容医療の欠点。貴女の肌の悩みにあった美容医療をわかりやすく表にしました。
おすすめ!アンチエイジング・美肌の本棚
  • 平子理沙 litte seacret
Back number

みんなの美容医療アンケート

ヒアルロン酸注射したい治療部位は?
  • ほうれい線(法令線)
  • 鼻(鼻を高くする)
  • 目のまわり
  • 胸(バストアップ)
結果 | 過去のログ | 管理
全国の美容クリニックリスト

みんなの 「いいね!」をチェック
M+Bの公式Facebookページ(外部サイト)